その他の回答(2件)

1

石橋から“深夜帰宅NG”などの束縛を受けていると報じられたことも。 そうした保奈美の鬱積した不満が離婚の大きな原因とされ、離婚話もやはり保奈美から切り出したと言われています。 また、仕事減の石橋貴明とパワーバランスが逆転したことで鈴木保奈美に“三行半”を突き付けられたとも言われています。 二人の間に生まれた子供。 1999年に長女を出産。 2000年に次女を出産。 2002年に三女を出産。 長女と次女は成人しており、三女も18歳は超えており、子育てが一段落した ことも離婚のきっかけでしょう。 娘たちも夫婦関係を敏感にキャッチしているはずで、離婚はしても子供との関係は良好なパターンってあるじゃないですか? 明石家さんま、大竹しのぶ、その子供たちみたいな。 石橋貴明と鈴木保奈美も完全不仲の離婚ではなさそうなので、親権がどうこうも関係なく、これからもファミリーの関係は良好に進んでいきそうな気がします。

1人がナイス!しています