国民年金や厚生年金はどういった場合加入しているのでしょうか?

年金139閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

厚生年金(第2号被保険者)は、会社に勤めて社会保険に加入している人です。 国民年金(第1号被保険者)は20歳以上で、上記の厚生年金又は公務員等で共済年金に加入していない人は全て国民年金加入です。 あなたが現在、厚生年金にも加入せず、国民年金保険料を支払うか免除や猶予の承認を受けていないのでしたら、国民年金を未納にしていることになります。 20歳以上で厚生年金や共済年金に加入していないなら、国民年金には加入していますよ。 障害年金は、初診日が20歳になってからある場合は、初診日前日においての国民年金納付要件を満たしていないと申請できません。 もちろん、初診日に以降なら未納があっても障害年金の申請に影響はありません。

0

どんな症状か分かりませんが、少なからず障害年金を貰う傷害のハードルは貴方が思っているより高いと思いますよ。 国民年金は20歳になったら無職だろうと学生だろうと加入の通告と集金の用紙が送られてきます。 厚生年金はパート勤務や正社員勤務等の一定以上の労働契約(労働時間/給与)を結んだ際に強制加入と強制集金(天引き)がされます。