年金の最高受給額ってだいたい、いくらですか?

年金233閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

以下の条件で最高です 現役の時期がずーっと標準報酬月額が最高であること(年収約700万円以上) 75歳まで受給開始を延ばし75歳まで最高の標準報酬月額で働くこと 昔大雑把にこれを計算しましたが それでも月35万円程度で40万円に届かなかったハズ 昔なら もう少し多くもらえるシステムだったらしい

0

企業年金が大きいのです JAL解散のときに問題になりましたが他の会社でも 多い所があります。 全部で500万ぐらい貰う人も多い。 野茂投手はちょっと特殊ですが2000万ほど年金をもらっているそうです

0

老齢厚生年金は、加入期間と加入期間中の平均給料によって決まります。加入期間が長ければ長いほど、平均給料が高ければ高いほど年金額が多くなる仕組みです。 ただ、加入期間については70歳という上限がありますし、平均給料についても、標準報酬月額(月額給料)が32等級65万円、1回の標準賞与額が150万円という上限が設けられています。 そして、最高額の保険料を支払う人の年収は、以下のとおり少なくとも1212万円となります。 年収=毎月の報酬額63万5000円×12月+1回の賞与額150万円×3回 まず、この人の平均標準報酬額は、以下のとおり102万5000円となります。 平均標準報酬額=(標準報酬月額65万円×12月+標準賞与額150万円×3回)÷12月=102万5千円 1025000x5.481/1000x480ヶ月=269万6652円-------➀ ➀+78万900円(老齢基礎年金満額)=347万7552円が最高額ですが、机上での計算ですので、初任給から退職まで平均月収が賞与を含んで102万5千円は考えられません。