ID非公開

2021/10/14 2:17

44回答

現在 大学1年生です。

公務員試験 | 就職活動313閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/14 21:53

ご丁寧にありがとうございます! ①についてです。初級〜中級との事ですが、おすすめの参考書はありますか?沢山あってどれがいいかわからないです(◎_◎; ) 本屋で本を探す時に優先して見たいのでお願いします。 ⑤についてですが、数的推理等は来年の公務員対策から始めようと思います! 専門科目は憲法から始め、教養は中級から始めます!

その他の回答(3件)

2

高卒公務員を受けつつ、大卒公務員を目指せばよいと思います。 高卒公務員が受かったら、大学はやめるのも手です。慶応早稲田ならともかく、たいしてレベルの高くない大学に通い続けるのと、高卒といえど第一志望職種の公務員になるのとでは、天秤の重さが違いすぎます。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/15 19:30

それは視野に入れておりません! 大学は4年間続けるつもりです。 おっしゃる通り公務員を選んだ方がいいかもしれませんが、生涯公務員を貫くとは限らないので( ̄▽ ̄;)

0

政令指定都市の職員です。 ①ここでいう地方上級とは、一般市役所(一部県でもあるらしい)で行われている専門試験のないタイプのことをいっているのですかね。通常地方上級とは、都道府県政令市特別区の大卒程度のことを指し、また、多くは国家一般より難しいとされています。 もし質問者さまが専門試験のない市をめざすなら、市&国家一般を並行して、地方上級をめざすなら地方上級の試験対策(国一般も兼ねてます)をする、でいいです。警察官になるつもりがなければ、この勉強の必要はありません。 ②まずは、大学2年生から公務員講座を受講したほうがいいです。アドバイスとしては、「問題集中心の勉強が効率的」ということ。問題集を解きながら、わからない点を参考書で確かめていく、という勉強法ですね。 ③数学や社会、英語・国語(文章理解)など出題されますが、別物と考えて差し支えありません。 ④公務員試験の多くは過去問やその類題が出されるためです。問題集も過去問で構成されています。 ⑤これは人それぞれのやり方があります。教養試験では、数的推理・判断推理・文章理解のウェイトが高いはずなので、早めに手を付け慣れておく必要があります。また、専門試験のある自治体を受けるなら、民法と経済学は難しいので、早いうちから手をつける必要があります。

ID非公開

質問者2021/10/14 12:07

ありがとうございます! ②についてですが、おすすめの参考書はありますか?また、地方上級レベルの問題から解き始めるということでしょうか?

0

①一番良いのは公務員講座で勉強した科目の順番で勉強していけば良いかと思います。 いきなり地上や国家一般などの役所ごとに絞って勉強するよりは、とりあえず勉強してある程度の学力がついた後に役所ごとの勉強を行う方がいいのかなと思います。 ②面接が重要なので大学生活は勉強ばかりでなくアルバイトやボランティアしておいて面接で話せるネタを作っときましょう。 ③詳しくないのでお答えできません。 ④公務員試験においては過去問が少し修正された似たような問題が出題されます。本試験においても「これ過去問でやったぞ」という問題が出題される事も普通にあります。 なので、過去問をたくさん解く事により本試験の問題でも解けるようになりますし、過去の出題箇所を分析して効率よく勉強できるわけです。 ⑤人によるのでなんともいえませんが、2〜3年生時は専門科目と数的を、3年後期あたりからは教養試験の勉強しとけば大丈夫かと思います。 人によってはもっと遅くても大丈夫という人もいるかもしれませんが、早く勉強しておくに越したことはありません。 以上、地上志望とのことですので専門科目含めて回答させていただきました。 質問では教養の勉強について悩まれてるとのことですが、数的以外は3年後期くらいからで大丈夫です。 出題数は多くないですし若干運ゲーみたいな面もあるので専門より教養にめちゃめちゃ時間かけてるとコスパ悪いです。

ID非公開

質問者2021/10/14 3:21

ありがとうございます とてもタメになり、とても理解出来ました! 頑張ります꙳★*゚