40歳過ぎのしがないサラリーマンです。 会社は完全在宅勤務でずっと家にいます。在宅勤務とはいえ、かなりストレスがある職場です。

家族関係の悩み | 子育ての悩み105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

スピードを重要視し過ぎると方向性は同じなのに評価が変わってしまうことがあるので要注意です。(ワタシもその傾向がありまして…何度も反省しております。) 東京から大阪に行く際、新幹線を使うなら、主さんは『のぞみ』を選択するのでしょうが、奥さんは『ひかり』かもしれません。 なんなら、お子さんは『こだま』かもしれませんが、いずれも時間が経てば目的達成となるところを、遅いからダメ!とすると本来の目的の『大阪に行く』がどこかへ行って、『遅いからダメ』にすり替わってしまいます。 それは初めは些細なことでしかありませんが、度重なると大きな差となり生活のあらゆるところでギクシャクした関係性になってしまいかねません。 特にお子さんの場合は、到達には時間が掛かっても本来目的の達成を優先していくことで、本人の達成感、自己肯定感の醸成が期待されると思います。 そのうち「オヤジ、大阪に行くならヒコーキの方が早くね?」なんて別の提案をするようになったら、それは『自立』の証しのひとつと言えるのでしょうね。

1人がナイス!しています

1

ご主人がしっかり者だから奥さまがのんびり出来るというのもあると思います。 夫婦そろってのんびりだと堕落した家族になるし、そろってしっかり者だと窮屈な家庭になりそうですよね。凸凹だからこそお互い補い合えるのです。 解決案としては、ご主人の仕事場を家以外の場所に移し、生活が一切見えない状態で作業をする事ですね。家にいるから色々気になるのです。奥さまが専業でおられるなら、思いきって個室を借りたりして家庭から離れて仕事をされるべきだと思います。 子育ては、一旦おおらかな奥さまに任せてみましょう。 そこでもしも奥さまから不満が出たら、また解決法を考えていけば良いと思います。

1人がナイス!しています

子育てに時間を割いているのは妻に言われたわけではなく自発的にやっています。 父親としての責任感として、妻に任せっきりは良くないと感じて。(独りよがりかもしれません) あとは、子供の世話をしていると時間的、肉体的にはキツくても、精神的には癒やされているのだと思います。 また、家計に余裕がないのでまとまったお金がかかるような方法は難しいです。