QWERTY・・・・

C言語関連 | パソコン44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほどですね 親指シフトをマスターしてる人はとんでもないスピードで打てるんでしょうね 皆さん詳しくありがとうございました ベストアンサーはランダムで決めました

お礼日時:10/15 17:41

その他の回答(4件)

0

タイプライター時代、 速く打たれるとハンマーが絡まるので、わざと速く打てないような配列にしてある。 そんな配列に嫌気をさした教授がつくった配列がDvorak配列。

0

実は、人間があまり速く打てないよう、効率の悪い並びになっています。 コンピュータのキーボードの祖先は機械式のタイプライターで、 これはキーを押し込むことで、物理的にバーが押されて文字の刻まれたヘッドが、紙に押し当てられる仕組みになっていました。 その為、あまり高速にキーを叩くと、バー同士が衝突してしょっちゅう故障してしまっていたのです。 そこである開発者が、あえて英文で連続して押しそうな文字を押しにくい配置にして、 「速く打てない」工夫をした結果、故障率が激減して、 そのタイプライターは壊れにくいとして大ヒットしました。 その後、電子式になってもはや、絡まることはなくなったのですが、 その時には、みんな、QWERTY配列に慣れきってしまっていたので、 他のもっと効率の良い配列も作られたのですが、全く使ってもらえなかったのです。 改良された配列には、Dvorak配列とかがあります。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Dvorak%E9%85%8D%E5%88%97 日本でも、親指シフトキーボードとか、高速に打てるキーボードが開発されたのですが、既に普及したスタンダードには勝てませんでした。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E6%8C%87%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88

0

聞いた話ですみません。昔のタイプライターはメカ式で、隣のキーを連続して打つと、メカのアームが隣同士で引っかかってしまうので、なるべく隣同士が連続して打つことが起きにくい配列にしたそうです。今はメカ式では無いので無意味なので、色々な配列が提案されたようですが、今だ昔のままのようです。

0

英語でよく使う文字が真ん中あたりに来ています。もしアルファベット順に並べるとxやz、qなどが真ん中あたりに来てしまいます。とくにzなんかは殆ど使わないので端に置かれています。 日本語の場合も同じような理由です。