相鉄とJRへの直通運転って本当に必要だったのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

結局のところあまり必要だったとは言えませんね。相鉄沿線から新宿方面への需要は少ないですし。

1人がナイス!しています

2

かといって、JRが何もしないでいれば、横浜から品川経由での渋谷・新宿方面への需要を万単位で失うのは確実なわけで、東急直通よりは遙かに安い工事費・短い工事期間でできるからと先手を打ったのです。 渋谷・池袋が地下深いホームでは無く地上ですし、新宿も3丁目では無く本当の新宿に着けます。 さらに、乗り換えありは変わらないものの、品川・新橋・東京方面へ、武蔵小杉の同一ホームで乗り換え可能となります。

2人がナイス!しています

3

JR直通の目的はJRのメンツの問題だったと解釈していますので、ほぼ意味はないと言ってもいいでしょう。 実際もし本気で東横線に通すことになったらJRは運賃的に勝負になりませんからね。

3人がナイス!しています

2

東急の立場からみれば、相鉄直通は、渋谷-横浜間の連絡をメインにする東横線には邪魔なので、日吉から目黒線を延ばす形にして直通をメインにするんです。相鉄から東横線には精々1時間に2本しか入れられず、当初予定した効果が得られないので、工事費が安く済むJR直通で新宿・渋谷方面を補完する形にしています。乗り換えを面倒に思う人はいますから。

2人がナイス!しています