いま大学生です。会社に就職したら労働組合があると思います。労働組合って、立憲民主党に投票しましょう、みたいな活動を会社内でやるんですか。

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

1

労働組合は、労働者の連帯組織であり、誠実な契約交渉の維持・賃上げ・雇用人数の増加・労働環境の向上などの共通目標達成を目的とする集団です。その最も一般的な目的は、「組合員の雇用を維持し改善すること」です。 選挙の応援は、その活動の中のひとつですが強制的なものではありません。

1人がナイス!しています

1

組合によります。 本来は、思想信条は、自由のはずです。 労働組合は、二人からつくることができます。 労働組合がなければ会社の一方的な労働条件になってしまい従業員が会社に話あいの申し入れをして会社が拒否しても法的におとがめはありません。 そうなれば、会社がブラック企業になってしまいます。労働組合が機能しなくなったり解散しブラック企業になってしまった例はよくあります。 しかし労働組合をつくると状況は一変します。労働組合をつくると会社と対等に話あいが出来る権利、団体交渉権(憲法28条労働3権)が得られ団体交渉は正当な理由なく拒否できません。拒否したら禁固刑を含む厳しい罰則があります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=wM1yvU6pe_A&sns=em 最近は労働組合をつくるきっかけとして個人加盟労働組合もありますし、労働組合をつくると就業規則より効力の強い労働協約を締結できます。 法規の効力の順番に憲法>法令>労働協約>就業規則>労働契約>業務命令になります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=qYkSA_d32PI&sns=em 労働組合をつくることにより会社から妨害行為や団体交渉がこじれたりしても労働委員会という機関に不当労働行為の救済申し立てができます。http://www.youtube.com/watch?v=KyyZrYLYuvk&sns=em 詳しくはネットで全労連労働相談ホットラインと検索してフリーダイヤルで電話相談してみてください!

1人がナイス!しています

1

労働組合は、働く人の賃金や労働条件などを、 一般に雇用する側の権限が強くて、労働者一人では 弱いので、束になって交渉したりなどをするために 大切な組織なのですけども、そこのところの、 労働者の要求を実現していくために、 たとえば現在の政権のままではそれが不可能であって それを変えることによって、つまりその労働者の要求を 政治活動によって実現していく、という考えの人が多数で、 多数決により例えば〇〇党の政策が自分たちの要求を 実現していくために適合しているため支持協力する などと、組織として決める、ということが行われています。 すると、少数の側の、他の政党の党員の人や支持者であったり その政党を応援したくない人などであっても、 労働組合に参加していらっさる人はけっこういますから、 特定政党支持強制に反対、などの意見を出して 対立することも、けっこうあります。 思想信条などは一人ひとりみな違うのは当然で、 労働組合が、政党に自分たちの要望などを示して、 協力を求めるのはそれは当然のことですけども、 組合活動として、無条件に〇〇党の選挙活動を行う というのは、本来間違いだと考えます。 たぶん法的には大丈夫であるように、 いろいろと手を打ってはあると思いますけども・・・ 労働組合の内部に〇〇党後援会などをつくり 組合活動と別に、それが活動するのは かまわないと考えています。

1人がナイス!しています

1

そこそこ大きい会社でないと組合がないし、あっても小さい会社ならほとんど形骸化しているので、そういうところは何にもないと思います。 大企業でも連合傘下に入ってない単独組合なら、政治活動はないです。 連合傘下の産別組織の組合なら立憲民主党支持が多いと思いますが、UAゼンセンなど右派組合なら国民民主党を支持するよう言われるでしょう。 実際は労働組合より会社側から関係が深い政党を応援するよう言われることが多いのではと思います。むかし建設業なら自民党でしたが、最近は公明党も多いです。

1人がナイス!しています

0

活動といってもポスター貼ってたり、会合の時とか職員の挨拶の中で出来ればここに投票してくれると有り難いです、と定型的な発言するくらいかと。 私がよく見るのは農協の例えば個人農家の集まりのイチゴ部会や個人経営の医師会の宴会で代表者が自民党に投票しましょうと軽く挨拶するのは見ますね もちろんコロナ前の話ね