父が亡くなり土地を相続することになりましたが、国土交通省の路線価を調べて固定資産税納税通知書の面積でかけると、固定資産税の評価額より1.2倍以上高くなります。

税金 | 土地114閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。ご回答くださいました皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:10/23 10:10

その他の回答(3件)

0

国土交通省は路線価は出しませんね。 国土交通省が出すのは公示価格、路線価を出すのは財務省(国税庁)です。 いわゆる相場と言われる時価に最も近いのが公示価格。 時価=公示価格=1と仮定すると、路線価はおおむね0.8、固定資産税評価額はおおむね0.7になるように設定されます。 路線価と固定資産税評価額は8:7なので大体1.14倍ですが、異なる行政機関が評価額を出している以上他と比べて多少高めや低めの評価額が付くこともあり得ます。 路線価が高め、固定資産税評価額が低めであれば、1.2倍を超える事もあり得ない話ではありません。

0

路線価だけだと、離れていても、形とか、奥行き補正とかで1割程度は下がりますので、もう少し差額が縮まると思いますよ。