バイデンのアフガン早期完全撤退は、間違っていたんですか?

国際情勢 | ミリタリー47閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:10/24 16:44

その他の回答(4件)

0

1991年の湾岸戦争では、当時統合軍参謀長パウエル将軍は、約1か月の空爆の後、3日で地上戦を終わらせてしまい、イラクのフセイン政権打倒まで作戦を継続させなかったことを質問され、これが安全保障の実態、とりあえずは直面する危機を抑えたことで成果あり、という趣旨の回答をした。 そのままで終わるんだろうな、と思ったところ、1990年代にも日本では報道されないようなテロをアメリカや西欧ではあったようで、2001年を迎えることとなった。 アフガンには事件の翌月には軍を派遣してテロ掃討と再発防止のための民主化支援を米軍主導の国際部隊が行うこととなった。しかし具体的な成果は一向に上がらず、遂には当時の赤ちゃんが成人するくらいの時間が流れてしまった。 アメリカ人は定住や所有の概念の無いアメリカ先住民族を結局は根絶やしにした。途中融和策を取ったり、居住地を定めたり対応はしたようだが、彼らの生活様式を認めることはなく、雑婚をしてアメリカ人として生きるか、さもなければ死ね、という政策を取った。 アフガンに欧米が言うような公平や自由などは受け入れらなかった。民主主義を金科玉条のようにアメリカは振りかざすが、アフガンの人たちはそんなものは認めない、ということを宣言したのだ。 トランプはバカだったが、アフガン撤退に関しては実行した。やはりアメリカ人も疲れていたのであろう。もう進展はない、米本土にテロを仕掛けるほどの力は取り除いたから、とりあえずは成果ありとして、もうアメリカを関与させることは止めよう、という判断を、いつかは誰かが決めなければならなかった。 サダムフセインがクウェート侵攻の口実とした西側世界のユダヤ問題に対するダブルスタンダード、これを解決することがまず第一、それから物理的に隔離する、クリントン大統領は、アラブとイスラエルを握手させてノーベル平和賞もらったんですけれどね。 誰かが尻拭いをしなければならなかった、ニクソンはベトナム撤退を手柄にしたが、アフガンはもっと根が深い。誰がやってもうまくいかなかったと思う。

画像
0

やり方の問題。トランプならああはならなかった。 トランプは約束違反すれば攻撃するとしていて、約束違反をすると空爆もしていたのですが、バイデンは何をされても、アメリカ人すら見捨てて逃げました。 トランプはタリバンに、アメリカ人を傷付けたりアメリカを攻撃したりすれば、すぐ様叩き潰すと言っていたのですが、例のあの人、もとい前任者の計画を引き継がず撤退したからああなった。

1

撤退そのものの計画は前からありましたから問題無かったんでしょうが撤退のタイミングが悪かったですな。それも徐々に撤退するのが当初の予定だったのが何故だか完全撤退となったので混乱に輪を掛けてしまったようです。 完全にバイデン政権の失態だと思います。

1人がナイス!しています

1

バイデンは、最初から存在していません。 メディアで放送されているのは偽物(クローン/バイオロボ/影武者/ゴムマスクのいずれか)です。 本物は処刑済みですよ。

1人がナイス!しています