ID非公開

2021/10/18 7:59

88回答

以前オービスを光らせてしまい 過去に累計4点の減点を食らってしまっているものです。 自分の持っている知識や調べた結果から、

運転免許 | 法律相談257閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/21 6:48

なるほど、ちなみにその軽減される県されない県を調べるにはどうしたらよいですかね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

お礼日時:2021/12/4 1:56

その他の回答(7件)

1

行政書士は登記とか一般人が所定書式に記載できないような申請書を作成・手続きを代行する仕事です。 交通事故で被害者側が行政書士に対して加害者に対する処分軽減を求める嘆願書を依頼し、嘆願書を提出すれば、裁判でも行政処分でも決定事項に影響はあります。 質問者さんの起こした速度超過を原因とする直接の被害者がいないわけでしょ。 加害者たる本人が嘆願書を提出しても、行政書士に依頼して嘆願書を作成しても、単に処分を処分軽減を希望するのであれば提出の意味はないし、提出しても開封することなく速攻でゴミ箱に放り込まれるだけです。 運転免許の行政処分で軽減されるかどうかの基準は警察庁通達の全国一律で決まってます。 意見の聴衆の場で、過去の違反内容にもよりますが、公安委員会に対して猛反省していることをアピールすることで、軽減基準に該当するかどうかです。 該当してると判断されれば軽減されるし、該当してなければ基準通りの処分となるだけです。 世の中甘くはないのです。

1人がナイス!しています

0

軽減されるかどうかはケースバイケースですし、出してみないとわかりません。 また、行政書士なら誰でもやっているわけではないので、コツのわかっている行政書士を探して、直接聞いた方がいいです。

0

行政書士に書類作成を頼んでも、 減免はないです。 そんなに簡単なことなのであれば、 はっきりいって誰も免許取消にはなりません。 行政書士の仕事の1つは、 主に役所や行政に提出する 複雑怪奇な書類の代筆屋だと思ってください。 昔は日本でも文字が読めないとか文字がかけない 人がいたんですよね。 ですが今の特に免許関連の提出書類は、 日本人で知的レベルに問題がなければ、 誰でも記入できます。 ですから運転免許試験場の付近に存在していた 行政書士=代書屋は、ほぼすべて倒産してますよ。 免許の処分は不公平が無いように、 違反点で処分が決まるのが大大前提です。 ですから、 ・自分は違反をしていない ・自分の違反は脅迫強要である ・自分の違反は災害や犯罪から身を守るための 緊急避難行為である ということでも証明できない限り、 処分は軽くなりゃしません。

0

まず、過去の4点とはいつの事ですか? 1年以内でなければ累積されません。 累積されて16点なら取り消しは免れません。 弁護士に頼んだら免許取り消しにならないなんて出来ません。 スピード違反をしていないとか、12点の違反となる50キロオーバーまで出していないという証拠がある場合なら不服申立てなど出来ます。