沖縄戦って回避できなかったんですか?台湾やトラック島では地上戦なかったのに。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

旧日本軍の上層部には、敗戦濃くなりだした時点に、既に連合軍の軋み、いわゆる米ソらのドイツ占領政策を巡っての反目(もともと、政治色が水と油の関係国)が(情報で)伝わっており(いわゆる東西冷戦の兆し)、この両陣営の鉢合わせ、漁夫の利的な戦略の構想が、最後の切り札的なモノとして支配された。であるから、米国側としても、ソ連の動向を気にするだろうと打算した日本軍の高級参謀たちの戦略に、沖縄当たりで、米軍に手痛い打撃でも与えれば、仮に日本側が降参するのは時間の問題だったが、後方(敵視ソ連)を懸念する米国は、降伏条件に手ぬるい方法でも早期講和にもちこみ(早急にソ連に対峙する国策を図り)、対日戦で泥沼的に陥るよりましな解決策になるだろうの計算が合った。だが、この計算は外れ、通常兵器で手を焼く戦法を捨てて、核兵器で大胆な決着をつける禁じ手まがいを使うまでは日本サイドは読めていなかった次第。米ソの仲たがいを利用(漁夫の利作戦)も、通常兵器ならその思惑もできたが、核兵器登場の前には、もろくも崩れ去ってしまった次第。

沖縄戦の通常兵器戦に、米兵士の犠牲を計算、かつ敵視的存在になったソ連への威嚇にという一石二鳥の戦略で、核兵器(原爆投下)の米国の打算は、それが政治、ご都合主義の実態を表したものであった。

0

戦争を止めたくても、仲介してくれる国がありません。 日本の最大の失敗は、リングの外から、 タオルを投げてくれるセコンドを用意していないで、 戦争を始めてしまった事です。 だから、仮に優勢に戦争を続けられたとしても、 戦争を止める事ができない状況でした。 これは致命的な失敗で、一体、起こした戦争を、 どうやって終息させるつもりだったのか、 全く理解できません。

1

日本の立場からは無理です。相手の攻撃の矛先を選ぶ立場にありません。せいぜい、沖縄戦が始まる前に無条件降伏するとかですが、ポツダム宣言は沖縄戦開始の3ヶ月後です・・。 連合軍の立場では、日本を攻撃する際に、本土により近い島を占領する必要があり、台湾か沖縄かは攻撃せざるえないでしょう。

1人がナイス!しています