宗教と生まれ変わりを「結び付けないで」ご回答ください。 原始時代は宗教はありませんでした。しかし、生まれ変わりという現象 自体は、有るなら有る、無いなら無いで、既に決まっていたはずです。

補足

皆様ご回答ありがとうございました。 宗教抜きでどのような意見が来るのか知りたかったので質問させて 頂いた次第です。 回答の傾向ですが、 生まれ変わりは無いとする方々は、「人間の都合」だけで解釈し、 目に見えるもの以外は信じない、と主張するに留まっている気が します。 しかしこれは、例えば、 可視光線(人の目で見える感じられる波長)は信じるけど、 紫外線や赤外線、X線、ガンマ線は目に見えないから信じない、 と言っているのに近いように思えます。 人間を取り巻く地球、宇宙の観点から「宇宙の都合」つまり 宇宙大の法則から考えると、 「生まれ変わりは有るとするのが合理的」の方が納得できるような 気がします。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(13件)

0

合理的=正しさ、を追求すると「空間はここだけ・時間は今だけ・自分はいない・他人もいない・世界もない」=純粋覚醒・真我独存、不二一元論ってことになる。 正しいことは正しいけれど、それが望ましいのか?ということ。 科学や哲学の目標は「真」=正しさ。 宗教の目標は「妙」=望ましさ。 どっちを選ぶか???

0

通常、生まれ変わりを肯定する場合は、前世の記憶は失われるとしていますので、事実上生まれ変わりなどというものはないと考えても区別はつきません。 前世の記憶と称するものは、すべて嘘でしょう。そういう事実があるというなら、生まれた時から言葉を話す例を挙げてからにしてください。

0

生命は進化します。これは疑う余地が無いでしょう。進化というのは、子孫が先祖と同じ行動原理で動き、同じ価値観を持つことによってなされます。人間のように学校で教えたりしなくても、それは受け継がれていきます。生命が個体の死をもって終わりとするよりも、生まれ変わって意思を繋げていくと考えた方が合理的だと思います。

0

生まれ変わりがもともとあるとした場合、、 人ってのは今ほど、そんなに他人を欲深く思うという生き方をしてない時代があったはず。そんな時代に生まれ変わりがあるとして、なにをどいう業を背負ったら何に生まれ変わるのか?の判断基準がすごく微々たる話になってしまう。 生き物を狩るのも食べて生きていくためだから業とは言わないし、生活する中で他人を恨み妬みなんてことも縁のない時代もあったはず。 そう考えるとね、みな平均的な業ってことになる、、なら何に生まれ変わる?人? じゃあ、その時に来てる動物や虫はもともとなんだ?って話。

0

原始時代でも宗教はありますよ。 宗教の大元は自然崇拝です。 太陽神などもこの一つ。

体はハードウェア 意識はソフトウェア つまり生まれ変わるということは故人の意識や記憶を引き継いでるという事です。 スマホを機種変して前のスマホでデータをバックアップしてそれを新しいスマホに移すのと一緒です。 問題は故人の意識が何処に保存されてるかという話です。 ここからは妄想ですが…一つ考えられるのはクラウド。 クラウド上のサーバーですね。 クラウドはネットを介してサイバー空間などと言われる場所にある。 もしあの世がインターネットのようなもので故人の意識や記憶がそこの記憶媒体に保存されてるとなれば可能性はあるかも知れません。 あの世をネット、脳をコンピューターと考えると死後の世界やら生まれ変わりが理解しやすくなります。 コンピューターがインターネットで繋がるように脳も何らかのネットワークに繋がってる可能性はあるかも知れません。 という妄想ですけど…。