にじさんじの女性ライバーについてです。

YouTube3,052閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/10/19 22:41

画像

1人がナイス!しています

ID非公開

2021/10/19 22:42

2020.9の中央同接値一覧画像

画像

その他の回答(3件)

0

大きく言うと「時期的要因」と「マンネリ化」「一部過激派による女性ライバー攻撃」の要因があるのかなと思います。 ・コロナ堝から回復して外出や出勤・学校といった要件が入った為、Vtuberの試聴時間が減った ・この為、生試聴だけでなくアーカイブ試聴などにシフトしている? ・配信許可の問題などからゲーム系実況が「誰かがやったゲーム」をにじさんじ内で行う形になってしまい新鮮味がない。 ・男性ライバーが企画・司会等で活躍できるようになり、相対的に女性ライバーが活躍できない状態になっている。 ・男女コラボ(案件以外)等で、一部の過激派リスナーがコラボ相手の女性ライバーを攻撃する(特に若手層)結果、案件以外での男女コラボを嫌う女性ライバーも出始めている コロナ堝以外の問題は結構根深いので、正直運営が過激派リスナーに対して強い態度を見せるか、若手層と上位ライバーとのコラボを公式で多くしないと活性化は難しいんじゃないかと思いますね

0

ホロライブの台頭とにじさんじ男性ライバーの台頭 配信頻度が高くて男性との絡みが少ない女性グループ、やはり男性オタクはホロライブに流れても仕方ありません 一方、にじさんじ内の大会やコラボで活躍しているのは…やはり男性ライバーが多いです 男女関係なく見るよ、というリスナーもそちらに流れてしまいます そこに加えてこれまでV界隈に少なかった女性リスナーもどんどん増えています 要は箱外でも箱内でも競争に負けたのがにじさんじ女性ライバーかと

2

コロナがある程度落ち着いて去年家にいた人達が外に出てるから あとは2019年後期〜2020前期が一番勢いが出て爆発的に数字が伸びてた時期で今はそれが安定してコンスタントに数字が伸びる時期だから にじさんじにおける男女コラボなんて初期からの伝統なんだからそれで離れるような視聴者は最初から視聴者にならない

2人がナイス!しています