ID非公開

2021/10/19 23:13

44回答

自動車事故の弁護士特約について。

補足

事故の状況を簡潔にまとめると、 ・当方は停車している状態での追突事故で過失割合10:0です。 ・相手方は自動ブレーキが作動したとの事なので衝突時の速度は20~30kmほどだと思います ・当方は国産メーカーのコンパクトSUVで後ろが凹んでドアがちゃんと閉まらないくらいの損傷です(閉めても半ドアになってしまう) ・相手方の車は軽自動車でエアバッグは作動していませんでした ・お互い自走できる程度の損傷 ・当方の車は3週間ほどで修理から戻ってきて修理に出した車屋さんによると中まではダメージが無かったとの事です。(車に詳しくないので中というのがどこの事を言っているかは分かりません)

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/20 22:52

回答ありがとうございます。 ・弁護士特約を利用するにあたってソニー損保が認めた場合とありますが、認められない場合もあるのでしょうか。(どういった場合が認められないのでしょうか) ・弁護士特約利用を認められばかった場合でも相手方の保険会社から提示された慰謝料は受け取れるのでしょうか。 ・接骨院の先生が「この手の事故だとほとんどの人が弁護士に相談して慰謝料を増額してもらっている」と言っていたのですが、事実でしょうか。 以上3点追加の質問です。 分かる範囲で結構なので良ければお願い致します。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様回答ありがとうございます。

お礼日時:10/26 7:26

その他の回答(3件)

0

下記の回答通り、弁護士特約は事前に保険会社の承認が 必要です。 その程度の事故では、まず無理かと思いますが、念の為 ソニ損保に相談ですね。

0

事故の補償額と通院日数は大きな関係があり重要ですが、 接骨院は通院日数に認められない可能性があります。接骨院代もどこまで出るかは疑問です。 なにより整形外科等の病院に継続的に通う事が大事です。 悩んで知恵袋で聞くより、すぐに弁護士特約を使って大手の弁護士さんと契約した方が良いです。的確なアドバイスをしてくれますし、相手との交渉を代わりにしてくれるので楽です。自動車保険の弁護士特約を使っても等級は下がらないのでデメリットは無いです。

ご自身の加入しているソニー損保に弁護士特約を使いたいと伝え、送られてくる書類にサインし、ご自分で弁護士事務所を選んで予約を取り、相談して対応が気に入れば契約して下さい。大手の所の方が人員に余裕があり対応が早いです。 残りの質問は、全て契約した弁護士さんに聞けば、最大限有益な方法を教えてくれます。

0

弁護士特約を使う時は過失に不服がある時に使われます。 要は揉めた時に間に入ってもらうという事です。 慰謝料なので仕事に支障がある。や、車の修理金額で納得がいかない。などではないですか? でも100:0の事故なら揉めないですよね。。。