ダウンアップ奏法で、8ビートでハイハットの裏にアクセントをおきたい場合も表に起きたい場合もDUDU(ダウンアップダウンアップ)という順番でたたき、表にアクセントをおきたい場合はDを強めにたたき、

ベストアンサー

0