回答受付が終了しました

弟の友達が、仕事で使用する会社のカメラレンズを紛失した。お金が無い。会社へは伝えたくない。自分の名前でネット購入すると履歴が残り困る。 等と言われ、弟が30万程のレンズを分割購入したそうです。

補足

10年程前の出来事ですが、弟はずっと疑わず最近私に打ち明け疑い始めました。 時効は詐欺に遇った日から考えるのですか?被害を知った或いは疑った日から考えるのですか?

1人が共感しています

回答(7件)

0

詐欺罪の時効は刑事7年、民事3年で 被害にあったと認識し、加害者が誰だか認識した日からです。 したがって今加害者に何かを求めるのは、無理ということです。

0

詐欺と考えて間違いありません。 問題は時間が経ちすぎている事です。 弟様が小まめに催促をしていたかを確認されて下さい。 詐欺としての立証は難しいと思います。 裁判所の支払い命令も強制力は有りません。 詐欺としてではなく、借金として少額訴訟に持ち込み裁判所から支払い命令を貰う。 たぶん相手は支払わないので、強制執行に持ち込む。 が現実的でしょう。 ここで鍵となるのは 1.催促をいつ何回したか 2.相手の差し押さえる資産を把握しているか です。 借金も時効は短いのですが催促をした時点で時効は停止します。 ですので相手が支払う意思がなくとも催促はしなければイケマセン。 相手の資産は強制執行で差し押さえる指定として必要です。

3

> 弟の友達が、仕事で使用する会社のカメラレンズを紛失した。お金が無い。会社へは伝えたくない。自分の名前でネット購入すると履歴が残り困る。 等と言われ、弟が30万程のレンズを分割購入したそうです。 詐欺事案決定でしょうね 大体、そんな話をホイホイと信じるのもどうかと… こんな手口に引っかかるようでは、将来オレオレ詐欺に引っかかる可能性が大きいですね 良い人生経験になったんじゃないですか? コレがカードを使った詐欺だと、主犯にされかねない場合もあります たった30万の授業料で済んだのは僥倖でしたね

3人がナイス!しています

2

詐欺です。 カメラやレンズは未使用なら高く売れますので、30万円で買った物が、25万円くらいで売れるでしょう。 直接30万円を手渡しでもらうよりは取り分が下がってしまいますが、なりふり構っていられない(他の借金の催促で苦しくて、騙してすぐ25万円を手にしたかった)ので、嘘を付いて手に入れたという事です。 25万円のほとんど全額が他の借金への返済ですぐに消えたと思われます。 他で50万円を借金している人などが複数いて、追及が激しくなってきたので、その人に7~8万円とか、10万円近くを返して、追及の手を緩ませて、また一年くらいはズルズル長引かせる手段です。 その間に、次の30万円の借金相手を探します。

2人がナイス!しています

なお、このような人は、罪悪感はありません。 まず現在自分は催促などで厳しい立場や精神状態にあるので、約束通りに返せないのは状況が悪いせいで返せないのであって、自分のせいではない、という心理でいます。 また、このように苦しい状態にいる自分は、多少の方便(嘘)でお金を借りることは仕方のないことだ、と思っています。 良い事か悪い事かと言われたら、悪いことだが、苦しい自分にとってはこのくらいは仕方がない、という考えです。 また、それほど悪いと思ってない理由の一つに、返せるなら返そうと思ってるので、取ったわけではない、と思っています。 ただ、現在は苦しい状況にあるので、返そうと思っても返せる状況ではないので、返さないのは仕方がないから返してないだけであって、盗ったわけではないのでそれほど悪いことをしているわけではない、と思っています。

1

詐欺罪ですね。横領ではないです。 とりあえず弟さんの友人を問い詰めましょう。 >カメラレンズはそんなに高額なのですか? ピンキリですので、何とも言えない所です…

1人がナイス!しています

刑事の方は時効ですね(7年)。 民事の方でしたらまだ可能性はあります。 詐欺の加害者と被害を知った時から時効が 始まり、3年経つと請求できなくなります。 「知った時」がいつなのかが重要なポイントです。