30代の公立の中学教師(社会科)です。私の授業方針は高校入試対策を意識した授業を行なっています。今年は1年生2クラスと2年生2クラスの4クラスで社会科の授業を担当しています。

中学校 | 高校受験292閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

学習指導要領をよめば、あなたの評価方法が間違いだと気づくはず、、、それを理解できなきゃ、問題あり。

1人がナイス!しています

0

指導要領に基づいた指導ができなければ、公立学校の教師とは言えない。 テストだけに準拠すれば、それなりの結果が出ることは誰だって知っている。ただ、公立学校の教師だからそうはしないだけ。まあ、この書きこみ自体が、釣りの臭いがプンプンするが・・ 校長が指導要領を無視した授業を指示しているのであれば、そのうち指導主事から指導が入るだろう。それを無視して点数重視で何が悪いという校長がいないわけではないが、まさか同じ校長? というわけで、合理的でも何でもない、法を無視した指導でしかない。(学習指導要領は、法律ではないが、法としての扱いをされてきた経緯があることくらい知っているよね?) 最後に、この回答は、質問者あてというより、閲覧者向けなので、敬語は省いているので、あしからず。

0

貴方は正しいですが 正しさと調和って別物なんだと思います^^ 物事が順調にいき 貴方の望みが通るためには どちらもの真ん中にいることだと思います。

0

中学校は国民が受けるべき義務であり、学校は学問(各科授業)と教養、常識(HRなど)を教える所です。 義務教育を終えた人は、進学もしくは就職を選ぶことの出来る資格「中卒認定資格」をもらう事ができます。 ですが、中卒認定資格では人並みの生活費を稼ぐ職に着くことはまず不可能です。 なので、家庭の事情がない人はほとんど高校進学を取るでしょう。 なぜなら、高卒認定資格を得るとより職に着きやすいからです。 また、高卒認定資格は高等学校に進学し、高校課程を修了することが必須です。 なので、高等学校進学を目的とした授業をしている先生は、多くの生徒にとっては有利だと思います。