年金基金は株で運用しているようですが年金基金は減ってはいけないお金なのになぜ株のような博打に突っ込むのでしょうか? 年金基金を株ですってしまったらごめんなさいで済むのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

20年間で100兆増やしたなどという回答がいくつかありますから、もう少し詳しく説明します。 安倍政権下で株式中心にポートフォリオを強引に変更したのが2014年の下期です。それまでは債券中心に安全に運営し、2001年からの14年で50兆を超える運用益がありました。途中でリーマンショックがありましたが損失は10兆円以下におさまり、もし現在のような株式中心の投資であればそんなものではとてもすまなかったと言われています。 その後2020年度までで100兆円近くになりましたが、それはたまた2020年度に38兆円という高収益を上げたからです。2015年度~2019年度まではプラスになったりマイナスになったりで累積7兆円以下の収益しか上げていません。2019年度は事実8兆円を超える損失を出しています。要は株式市場の状況で増えたり減ったりしているだけです。いつ反転するか分からない。

その他の回答(4件)

0

必ず勝つ必要はなく、100年トータルで勝っていれば、 問題ありません。緩衝材のようなものですから。 それに、売買でのキャピタルゲインなんて求めていませんし。 個人だと、下手に売買して、負けたーってなるんでしょうね。 私は株で負けたことは無いです。1度しか売却してないので。 配当を貰うたびに買いまくってますが、死ぬまでホールドです。 投下資金に対して、税引き後で年8%弱の配当を受け取って いました。(現在は6%強くらい) GPIFもそんな優良株をホールドしているのでしょうね。

0

ID非公開

2021/10/23 5:39

多分あなたは自分で投資などしたことがないのでしょう。 GPIFは、FXのような投機≒ギャンブルをしているわけではありません。 2001年以来、リーマン騒ぎやコロナを乗り越えて、株式と債券で平均年収益率3.7%と言うかなり控えめ=慎重な投資で、積立金(余剰金)を20年間で100兆円増やし、現在の200兆円近い残高を形成している実績があります。 分からないことに口出ししないで、利率0.01%の銀行預金をしていなさい。