回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/24 1:36

77回答

なんでパイロットの給料は高いの?

回答(7件)

1

旅客機のパイロットになるための資格を揃えるのに1500万くらいかかる(ここがスタート地点) その後副操縦士の訓練、技量維持訓練等にさらに金がかかる 自動車免許を30万で取るのと訳が違う あとは救急救命士が一回の業務で預かる命は1人でもパイロットが預かる命は数十名〜数百名です なるまでに勉強なってからも勉強 さらに健康状態が悪くなったらすぐ降ろされるので日常での自己管理も必要 つまり育てるのに億近く金が必要で数が少ない、責任が大きい。よって対価である給与が高い。

1人がナイス!しています

0

誰でもなれる仕事じゃないからね。 それにしても高すぎですね。最高年収2000万円が妥当だと思いますよ。 4000万円の人もいるそうですから。

1

旅客機を操縦するにはそれなりの学力と英語力、飛行適性が有って 身体が健康な人が多く希望者から選ばれて訓練を受け、国家資格に 受からなければなりません。 全くの素人からですと早くても3年以上は訓練や審査が必要です。 これだけの資質がある人達ですのでそれなりの待遇に成る事は 普通の事です。 パイロットの給与は会社と乗員組合が話し合って決められています。 当然ですが元のお金は旅客が支払う航空券の代金です。 消防や救急隊員の給与は我々の税金から支払われ、公的機関が その額を決定しています。 安い給与では有りません。

1人がナイス!しています

0

公務員は別として他の民間職業の給与は、物の値段同様、市場の需給関係で決まります。つまりこれだけ出しても雇いたいといったように。

1

パイロットの数が少ないからです。 消防士や保育士を引き合いに出されてますが、それらは毎年ウン万人と排出されています。供給過多の状態ではないでしょうか。 昔は弁護士なんかも高給が約束されたような職業でしたが、今では数が増えすぎて年収300万円代で雇われてるような人も多いです。

1人がナイス!しています