ラーニー cr200型管理機(耕運機)のエンジンがかからない為、 キャブレターを分解したところ、フロートの部分にガソリンがありませんでした。

家庭菜園 | 車検、メンテナンス105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 燃料タンクからコック下の樹脂製のタンクまではガソリンがきていますので、ホースのつまり以外に原因があると思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

燃料フィルターのカップの上に網が原因でした。 ありがとうございました。

お礼日時:10/27 22:18

その他の回答(3件)

0

中古の話ですか? コックをオンにしても出ないというのは コック自体の目詰まりもあるし 下にあるカップ その上に網もあるのですが そこの詰まり。 キャブレターそのものを取り外してもいいのですが 下にあるドレン そのねじ緩め オフの状態で抜き オンにして出てくるかどうかもありますし キャブの下の部分 フロートチャンバー(カップのような)外し オンにして ガソリンが来てるどうか確かめる事も出来ます

0

> Q1:使用されているコックは、負圧コックか、普通のコックか? コック参考画像はページがありませんと出てきます。 「ラーニー耕運機 cr200」で検索したHPで見る限り、 特殊な構造ではない、⇒燃料は重力で流れ込むタイプです。 https://www.komeri.com/contents/howto/html/00230.html > コック下のタンクはなにのためについているのでしょうか? コック通過時のごみ溜め、水溜めです。 > Q2:コック以外に考えられる要因等あれば 他の方の返信を見ると > 燃料タンクからコック下の樹脂製のタンクまではガソリンがきています とあるけど、 最初の書込みには、 > コックから出ているホースを外しコックをONにしても、 > ガソリンは出ませんでした。 > コックを分解・清掃した 矛盾しています。 コック下の樹脂製のタンクを外し、 燃料タンクとコック間のホース、 コックとキャブ間のホース これらをすべて外して、もう一度、燃料源流部からひとつづつ確認 燃料タンク内のつまり稀にあり。 草刈り機で、燃料タンクキャップ不良でエンジン停止が有りますが、 念のために、燃料タンクのキャップなしでの確認を 燃料コックなしで、ホースをタンクからキャブに直結して、ガソリンが行くのか確認が早いかも。あくまでもテスト

0

全部を元通りに組み立てて、キャブ入り口のところのほーすを抜いて、 ホースからタンク内部に向けてパーツクリーナを噴射する。 ストローにはウエスを巻きつける。 だいたいこれでかかるがタンク内部の燃料は全部入れ替えて、始動が確認できたらできれば外して洗浄した方がいい。