ID非公開

2021/10/25 0:02

33回答

障害年金についてです。 幼少期の虐待によるPTSDとADHDの診断でで、精神障害手帳2級を取得しました。

年金 | 発達障害135閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 社労士さんに相談という手があるのですね、そこまで行き着かなかったので助かりました。精神状態もあまり良くなく何度も役所へ出向く事も難しいと思ったので、お任せしてみようと思います…

お礼日時:10/28 1:24

その他の回答(2件)

0

障害年金は働いても貰えます。 ただ働ける人は普通に要らないでしょ。 障害者年金が必要な人は作業所や生活介護など月給にしても数千円しかない様な人達の最低限度の生活費です。 結婚も出来てパートでも働ける人は職場に配慮をしてもらいつつ働いた方が絶対生活は楽になります。 月8万あるなら絶対障害年金を頼らず働く方が良いです。

0

障害年金は就労していても原則支給されます。 ただし、日常生活や労働に影響ないほど元気に働いている精神障害者やがん患者の場合、就労していることで障害年金を受給できない可能性もあります。 精神疾患、癌などの病気では、数値で障がいの程度を示すことが難しく、働いていることによって、重度の症状ではないと判断されてしまうことがあります。それでも、就労しているから必ずしも支給されないと決まっているわけではありません。障がいや病気が生活に支障をきたしているものの、周囲のサポートや職場の配慮があって働くことができているということを、客観的に、また具体的に示すことができれば、受給できる可能性もあります。 今からでも初診日が20歳前の障害年金申請は可能ですが遡及請求は5年以前の分については時効ですが、自身でも請求手続き出来ますが、不安であれば精神障害を専門とする社労士に相談するのも選択肢です。