ID非公開

2021/10/26 0:27

55回答

弁護士費用特約(自動車事故限定)について質問です。損保ジャパンの保険に加入していますが、先日娘が自転車で通学中に右折のタクシーにぶつけられました。

補足

保険会社に確認したら弁護士特約使用できるようです。また個人賠償にも加入しているので相手の損害についても保険会社が交渉してくれるようです。とりあえずムカつく担当者とりあえず話しをすることはなくなりそうかなと思っています。 みなさんいろいろありがとうございました

交通事故 | 自動車保険386閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/26 7:45

相手の担当が謝罪もなくこちらから連絡しないと連絡取れず「交通事故ってのは被害者の方が大変でうちは書類を待つだけなんで」的なことを言われ腹立ってるんです

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろわかりやすく説明いただきありがとうございました

お礼日時:10/26 20:21

その他の回答(4件)

1

人身・物損事故関係なく自動車事故で損害が出てるなら弁護士費用特約は、使用可能。 保険会社の承認が必要だから、事故報告して保険会社から弁護士さんを紹介してもらえないか相談してみて下さい。 過失割合等でタクシー側の損害も賠償する際は、「個人賠償責任保険(特約)」が付帯されていれば相手に対しての賠償は補償してもらえるから要確認です。

1人がナイス!しています

1

こちらの弁護士費用特約は、こちらの被害部分の請求に使うもの。 タクシーの修理代については 加害者になったときに使える、個人賠償責任保険で対応できます(加入が無ければ、加害部分は自腹です)。自転車通学しているなら、ほとんどの場合加入しているはずです(自転車保険て言ったりします)。 *個人賠償責任保険の補償範囲(日常生活中の加害事故)の中で、自転車による加害事故に限定して補償するのが自転車保険です。 ややこしいタクシー会社を相手にするべきではないので、弁護士費用特約があるのなら一任しましょう。必要なものがあれば 自分の味方である弁護士が指示してくれるし、賠償保険に加入していたら 自己負担金も発生しません(免責金=自己負担金設定がある賠償保険もたまに見受けますが)。

1人がナイス!しています

1

その自動車保険の約款に記載していたら使えますが、記載されていなければ使えませんとしか言いようがないです。 おそらく難しいと思います。 自転車の損害に関して、タクシー側の保険屋の言い分としては、よくある話です。 基本的に修理代と自転車の時価(購入価格ではない)のどちらか安い方しか賠償しません。購入して数年経っていれば残存簿価はゼロに等しいのです。 また、交通事故の場合は、0:100の過失割合でない限り、被害者と言えども過失割合に応じて、相手の損害を賠償する義務があります。事故の詳細が書いてないので判断できませんが、基本的にタクシー右折で自転車直進のいわゆる右直事故の場合は自転車:タクシー=10:90の過失割合を基準とします。 つまり、タクシー側の損害の1割を賠償することになります。 タクシーの場合は板金塗装だけでなく、修理中は営業に使用できませんから、2〜3日分の営業補償も加算されます。ですから2〜30万円の損害の1割である2〜3万円の請求、自転車の時価がそれ以下ならば、被害者なのにお金を支払わなければならなくなる理不尽な話となるのです。 本来なら、自転車側も保険に加入してこれらに対応するのですが、加入していないようですから、自分自身でタクシー側と戦わなければなりません。 弁護士を雇うにも特約がなければ、自費となり数十万円の費用がかかりますから、結局は泣き寝入りになるパターンです。 ちなみに事故は警察に届け出ましたか? 怪我がある無しに関わらず、交通事故は警察に届ける義務があります。もし届けていないのなら、少しは交渉の余地があります。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/26 6:58

ありがとうございます。怪我をしたので警察には届けて人身事故になっています。

1

証券を手に持って保険会社に聞いてみましょう。 聞くだけならタダだし、等級も変わらないです。

1人がナイス!しています