アメリカは F 35をたくさんの国に売ってますが最新兵器を、そんなに輸出していいのかな。

ミリタリー96閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

最新兵器にも「レベル」があって、海外には売れないレベルのF-22やB-2といった機体もあれば、海外販売がメインのF-16やF-35のような機体もあるということです。 きちんと「売却しても自国の脅威にはならないように」しています。 何しろアメリカには「イランに売却したF-14」というトラウマがありますので。

0

昔から主力戦闘機売ってますけど。 1960~70年代にはF4を多数輸出、80年代のF15は高すぎて イスラエルやサウジアラビア、日本しか買わなかっただけ。

0

Fー35は最初から海外販売を目的に国際共同開発で作られています。米国は機密の部品はブラックボックスにしていますからね!国際共同開発では航空機開発を行った事が無い国まで参加していますがそんな国の要求性能まで実現しようとするので開発費用が高騰したのです。その様な国は散々開発計画を遅延させた挙げ句に共同開発から脱落していますからね!

0

F35は開発当初からパートナー?国を募って開発費用を出資させており、当初から輸出を前提としていました。 STOVL(短距離離陸、垂直着陸)のB型を開発したのは、最も多額の出資をした英国がハリアーの後継機を強く求めたからと聞きます。 冷戦以降は国内の軍事費が削減傾向なので、どんどん輸出して稼がなければ莫大な開発費用を回収出来ないと思います。ロシアも積極的に輸出しています。 なお、最高機密だらけのF22は輸出が認められていません。日本も断られました。それで諸性能の劣る(と言われている)F35を高値で売りつけられている訳ですから、情けないです。

0

きちんと整備しないとステルス塗装のハゲで、 ステルス性脳は低下するし 維持することは不可能 売れば維持費用で儲かるんだよ