パナソニックWX300-2 交直WインバーターTIG溶接機を中古で購入しました。

DIY | カスタマイズ210閲覧

ベストアンサー

0

続きです 板厚3.2mm 溶接電流は100A~150Aを使用します、タングステン電極はセリタン2.4mm、ノズルは内径11mmチョっと絞りと言う感じのNO.7を使います。 溶加棒は2.4mmが使いやすいでしょう。 板厚4.5mm 溶接電流は150A~180Aを使用します、タングステン電極はセリタン2.4mmか3.2mmですが、他の板のことを考えて2.4mmで我慢しましょう、ノズルは内径13mmストレートと言う感じのNO.8を使います。 溶加棒は2.4mmか3.2mmですけど2.4mmが使いやすいでしょう TIGの部品はある程度の種類を持つ必要がありますが、電極は1.6と2.4、そして関連するコレットやコレットボディなどの電極チャック部品、ノズルはNO.6とNO.7とNO.8、溶加棒は1.6と2.4を揃えたいですね 最小限なら電極は2.4、ノズルはNO.7、溶加棒は1.6と2.4です

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 下記の質問をしましたので、よろしければご回答頂けますと幸いです。 よろしくお願いします。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10255981910?fr=ios_other

お礼日時:1/25 8:27

その他の回答(1件)

0

電極は純タン以外なら何でもかまいません。 コストでいうとセリタンかトリタンになるでしょう。 太さは1.6か2.4でいいのですが、2.4だと低い電流ではアークが乱れることがあります。 どちらも用意して使い分けるのがベストです。 練習中は電極の消費が激しいのでコスト重視でいいと思います。 ノズルは6番か7番。 ガスレンズは電極を長く出せるので見やすくなるのですが、慣れないうちはトーチが長くなりますし使わない方がいいでしょう。 溶接棒は鉄なら1.6mmと2.4mを使い分けています。 ステンレスは私はマフラーがメインですので、パイプはなめ付けか1.0mmか1.2mm、フランジは1.6mmを使っています。

ご丁寧に回答頂きありがとうございます。 タングステンに併せてノズルも交換が必要なんですね。 この場合、どの様なノズルを購入したらPanasonicの溶接機に合いますでしょうか? それともノズルはどれも一緒? お手数ですが、ご回答よろしくお願いします。