ここから本文です

△[映画]-おくりびとの「汚らわしい」のセリフについて

yas********さん

2009/4/1522:04:59

△[映画]-おくりびとの「汚らわしい」のセリフについて

------
第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品「おくりびと」で
妻(広末涼子)であるが夫(本木雅弘)が納棺師になったことを知り
職種を非難する妻を咎めようとすると、妻は
「汚らわしい!触らないで!」と反発するシーンがありますよね。

あの「汚らわしい!」というセリフがどうも私は違和感があり、
浮いた感じがして気になっていたのですが、
滝田洋二郎監督がピンク映画出身であることから、
成人映画監督時代に監督自身が誰かに言われ、
それを、そのまま映画に使ったのかも。納得。納得。

そんな風に勝手に解釈したのですが、どうなんでしょうか?
そのあたりのいきさつに詳しい方、また別の解釈をお持ちの方、
ご教示お願い致します。

[参考資料]
おくりびと:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%B3%E...
滝田洋二郎:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E7%94%B0%E6%B4%8B%E4%BA%8C%E...

補足みなさま回答有難うございます。

穢れる:>4 死・出産・月経などにかかわって忌むべき状態になる。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%A9%A2%E3%82%8C&dtype...

勉強になりました。もう少し質問は開けておきます。

閲覧数:
3,830
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

red********さん

2009/4/1614:53:05

お若いらしいですが、一言で云えば勉強不足ですね。
違和感があって当然で、多分、あなたが漢字を知らないからです。
50歳以上の方ならば、多くの人は、知っている言葉ですよ。
汚れる、というニュアンスではなく、むしろ死人を扱う職業に対して
忌み嫌う、という意味です。
さらに云えば、穢れる、穢わらしい、の旧漢字の方が意味に近いでしょう。
日本語変換にすると、毛皮らしい、か、汚らわしい、しかに
変換できないだけの話で、漢和辞典で調べれば、すぐにも判ることです。

伊丹十三監督の「お葬式」同様、映画業界が、
忌避していた題材を、滝田洋二郎監督が
うまく、まとめたところに「大ヒット」の要因がありました。
もちろん、名前を忘れてしまいましたが、脚本家の手腕も
侮れません。

夫の職業を穢わらしい、と思っていた妻が、次第に、心を開き
妻の心情が変化する様子が見事に表現されていたと思います。
まさに、職業に貴賎はなく、生きていく夫・男に従う、妻・女の姿が
セリフではなく、映像で表現できたのも、素晴らしかったのです。

質問した人からのコメント

2009/4/19 18:06:38

降参 みなさまの回答を参考に、あのシーンを再度見ました。
うーん。。。なんか陰陽師っぽいなwww。

ただ最初は久石譲の音楽が良いけれど特別素晴らしい映画でもないな
と思いましたが、2回見ても中だるみせず、最後まで見れました。

確かに脚本も素晴らしいのかもしれない。そう思ったのでこちらをBAに
因みに脚本家は、小山薫堂(こやま くんどう)さんとのことです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

atf********さん

2009/4/1910:36:16

僕もあのセリフにはちょっと違和感を感じました。

音だけで書くと「けがらわしい」で、すぐに「穢れ」という言葉を連想しますが、あの年代で「死=穢れ」という発想がすぐに出るものでしょうか?「穢れ」という概念を明確に持って拒絶するでしょうか?そういう意味で、あれは言葉として「硬い」感じがします。
それよりも「死体に触った事実を単純に嫌悪する」という意味合いで「気持ち悪い」等の言葉の方がピンとくるんじゃないのかな、と思ってしまいます。

int********さん

2009/4/1708:42:34

原作者も実際に奥さんに言われたと書いてあった気がします。原作のリアリティを活かしたのでは?

wha********さん

2009/4/1706:04:36

私も違和感がありました。
「ケガレ」に対しての拒否反応は、まあ分かりますが
現代、しかもあの年齢で「けがらわしい」という言葉…使いますかねえ?
急に「ざます」口調で喋られたような感覚に陥りました

shi********さん

2009/4/1615:03:51

お葬式に行った後とかに『お清め』とかしませんか? 宗教によっては
しませんけど、『お清め』というからには何かを綺麗にしているという
意味にとれますが、実際には汚れ(よごれ)ていませんよね?
雑菌を塩で殺すとかでもないし。

あの『お清め』で払ってるのは『穢れ(けがれ)』なわけで、『穢れ』がつくと
不幸になると考えられていることから嫌がられます。だから、妻は夫に
穢れるから触らないでと言っています。

rin********さん

編集あり2009/4/1615:12:33

わたしは実際に映画を見たわけではなく、その広末さんのセリフもワイドショーで一部を聞いただけなのですが。

「わかる」って思いました。

「汚らわしい」んですよ。
他にどういった言葉が当てはまるのかわからない、わたしの主人がご遺体を扱う、いや、死体を扱う仕事をすると言ったらわたしも同じように言うかもしれなと思いました。
ただ普段は使わない言葉ですよね、だから浮いて聞こえるんじゃないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる