お気に入りのウッドベースがメインのアルバムをいくつか紹介して下さい。また各アルバムの中から1曲URLを貼付けて下さい。

補足

アルバムの入手に手間取ってます。少しお待ち下さい。BAは必ず決定致します。回答ありがとうございました。

ジャズ | ギター、ベース607閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

esrさん、いつもありがとうございます。 「Star spangled banner」カッコいい曲ですね。アルバム「Wood」は持っているのですが「酒とバラの日々」しか聴いてなくて。おかげさまで全部聴いてみたくなりました。 Ron Carterは聴いてみたいミュージシャンだったのですが、どのアルバムを聴いたらいいか分からず手つかずでした。ご紹介とてもありがたいです。esrさんの愛聴盤ということで、とても楽しみです。 Charlie Hadenは知らなかったです。ギタリストの方はしばしば名前を目にしますが。Ruth Cameronって誰だろうと思い調べたらCharlieの奥さんでヴォーカリストなんですね。夫婦の作品も素晴らしいとか。これも聴いてみたいですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

esrさん、とてもよかったです!BA贈呈致します。 他の皆様も、ありがとうございました!

お礼日時:2021/11/29 7:30

その他の回答(9件)

0

1970年代のスティープルチェイス レーベルのケニードリュー(P)とニールスペデルセン(B-)のDuo Duo2 どの曲と言うのは選べません ニールスペデルセンを聞いたことなければぜひ聞いて見てください この二人が本拠地としたのかデンマークなのもアメリカのジャズとは赴きが違います

0

レイブラウンのリーダー作で 『サムシングフォーレスター』 『ベースヒット』 『ディスイズレイ・ブラウン』 ポールチェンバースの 『ウィムスオブチェンバース』 『ベースオントップ』 『ファーストベースマン』 『ゴー』 ニールスペデルセン&サム・ジョーンズ 『ダブルベース』 ニールスペデルセン 『トゥーアブラザー』 クリスチャンマクブライド 『ナンバートゥエクスプレス』 …まだまだいっぱいありますが、 ワシの中でヘヴィロテはこのあたりですな。

takさん、回答ありがとうございます。 いろいろ紹介してもらって恐縮です。1枚ずつ聴いて自分の好みに合うものを探してみたいと思います。

0

JKさん、お久しぶりです。回答ありがとうございます。 日本人の優れたベーシストとその代表作を紹介してくれて、国外にばかり向いていた目を国内に向けさせてもらえ、大変勉強になります。 私が覚えた数少ないスタンダードの中の1曲「Everythig happens to me」が偶然にも選曲されていて、とても楽しめました。アルバムまるごと聴いてみます。

0

既出ですが ロン・カーター the man with the bass ウイスキー ヤりながら聴くのがサイコーです 曲はそのもの「ダブルベース」 サントリーウイスキーのcmにもなりました https://youtu.be/j9Ptgvxn5pA 懐かしいcm https://youtu.be/P2BLuXV7k3M

画像

zenさん、スルメに引き続いて回答ありがとうございます。 ロン・カーター、オシャレでカッコよくてイイ演奏、低音がビンビン響きますね~ 彼を聴いていればホット・ウイスキーが美味しくなるはずです! 1985年のCMとのことだから当時見てたかビミョーですけど、この年齢になると寒くなっていくこの季節、ロックや水割りはもう飲めなくなりました。体の温まるものがありがたいですね。

0

あまりベース奏者に付いて詳しくは知りませんが、スコット・ラファロという天才がいたようです。 Scott LaFaro 「リバーサイド四部作」と呼ばれる『ポートレイト・イン・ジャズ』『エクスプロレイションズ』『ワルツ・フォー・デビイ』『サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』でビル・エバンスと緊密なインタープレイが有名なようですが、スコット・ラファロの突然の事故死でエバンスとのそのようなプレイが出来なくなったのは残念です。特に『ワルツ・フォー・デビイ』はジャズベスト100の1位に選ばれる名盤となってます。 Waltz for Debby https://www.youtube.com/watch?v=W3wq7ejawIA

bsrsさん、回答ありがとうございます。 スコット・ラファロの紹介、グッドタイミングです(詳しくは下の方への返信ご参照下さい)。 25歳で事故死ということで、天才は早逝なんでしょうか。四部作ぜひ聴いてみたいと思います。bsrsさんが紹介してくれなかったら縁がなかったかも知れません。ありがとうございました。