原付で片側三車線の二段階右折禁止でない十字路で右折しようとした時 進行レーンと待機場所の一番左側が共に左折専用レーンの場合 左折専用レーンを右ウインカーを出して待機場所まで直進、

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ちなみに、 >左折専用レーンを右ウインカーを出して待機場所まで直進、 ではなく、左側端を直進ですので 広い路肩がある場合、下記画像のように外側線の外側を通行することになります。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど良くわかりました でも2番目の画像の路肩から直進の場合でも 左折の矢印信号があったら正直邪魔ですよね…

お礼日時:2021/11/29 17:36

その他の回答(3件)

1

昔原付に乗っていたとき、質問者様と同じ疑問を感じたのが懐かしいです。 正解です。二段階右折を行う場合はまず道路が左折専用レーンだろうと左端レーンを走行。 二段階右折の先が左折専用レーンの場合は、1つ隣の直進レーン上に停止しなければなりません。 これは、最初の右折が二段階右折のメインであると考えることができるからです。その先は、単なる直進になるから直進レーンにいる必要があるのです。 応用として、もしここで転回がしたい場合は異なります。二段階右折を繰り返すからです。 この場合、まず最初の二段階右折の先は左折専用レーンで待機します。その後、再び二段階右折を行い、直進レーンで待機します。これが、小回り右折禁止の交差点で二段階右折を繰り返して転回する方法となります。

1人がナイス!しています

0

道路交通法 第三十四条 5 は 『原動機付自転車は、第二項及び前項の規定にかかわらず、道路標識等により交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につき交差点の側端に沿つて通行すべきことが指定されている道路及び道路の左側部分(一方通行となつている道路にあつては、道路)に車両通行帯が三以上設けられているその他の道路(以下この項において「多通行帯道路」という。)において右折するとき(交通整理の行われている交差点において右折する場合に限る。)は、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。ただし、多通行帯道路において、交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につきあらかじめ道路の中央又は右側端に寄るべきことが道路標識等により指定されているときは、この限りでない』 その通り、よって、 左折専用レーンを右ウインカーを出して待機場所まで直進 × (書いていない) 待機場所は左折レーンでは無く直進レーンの最前で問題ありませんか? × (書いてある) と、なりませんか? 直進に指示器不要 待機場所は「できるだけ左側寄り」であること 交差点通過後に右折(この3秒前に右折の指示器を) と、こうなりませんか? 尚、2段階右折という文言は道路交通法になし よって、大回り右折をすれば交差点の向こうで停止する必要なし つまり、そこの信号機に従う義務なし でも、危ないので停止の待機の前面信号機が変わるまで待つ人が多い、ですね

0

「左折専用レーンを右ウインカーを出して待機場所まで直進」 ここまでは合っています。 待機場所に関しては交差点(内)の左奥になりますので、左折レーンの先の位置から直進することになりますね。 https://www.zurich.co.jp/car/useful/bike/cc-motorbike-right-turn/

二段階右折はクソルールなので… いざ青信号で目的の方向へ直進しようとした際に右側から攻めてくる直進自動車には気をつけて…