回答受付が終了しました

私は登山もやらない素人ですが 遭難したら尾根を登れとよく聞きます。

登山 | 交通、地図409閲覧

回答(18件)

0

等高線を見れば瞬時に尾根か谷か分かります。 またそれらが分かりにくい場所に行くなら自分が分かるように線を引いたりして地形を事前にインプットするべきです。 そもそも尾根か谷か瞬時に判断出来る人にとっては尾根が書いてある地図は無駄な情報にしか感じません。

0

尾根道があれば地図にあいてある。 尾根道がないなら登山道が中腹を通ってるって事で、尾根めがけて登れば行き遭う可能性がある。 何よりも「迷ったら尾根に登れ」ではない。 「迷った時に沢筋めがけて下るのは最悪の判断。まず道を戻り、それでもわからなかったらむしろ尾根を目指せ」が正解。 あと、等高線の形見れば尾根がどこかくらいわかるし、実際の地形と比較して同定出来ないと意味がない。そのくらいの地図読み能力は山行くなら必須という事。

0

地図を読むことを学びましょう。等高線の幅で傾斜角度もわかり、曲線で形も見えてきます。