回答(5件)

0

十分職業としてやっていけるというのを上級者と言うのなら、上級者だと思いますよ。既に回答されているyus様やdob様も含め、ここのサイトを見て皆思うところはあるとは思いますが、でもここまで組めれば十分かと思います。これが決して初心者なんて言うことはありません。

2

ブランディングやロゴ制作、写真動画撮影編集その他諸々ディレクションを含めてトータルという事でしたら上級者じゃないでしょうか。 多言語内のお知らせがen/中文ともにがっちり日本語表示されちゃってるのが残念ですね。

2人がナイス!しています

0

いえ、初心者です。 テキストと(文字の)画像が重なっています(添付画像参照)。 当方の画面の幅の解像度は1336pxです。 「PC、タブレット、スマホ」などで解像度は機種ごとに違うので、特定の解像度に依存しないユーザー・フレンドリー(PCフレンドリー、タブレット・フレンドリー、スマホ・フレンドリー)なページが推奨されます。 (各解像度のチェック自体は それほど難しく無いので)現在 Webページを作成しているなら、実際にChromeのデベロッパー・ツールのモバイル・エミュレーターで「PC、タブレット、スマホ」の各解像度をチェックしてみると良いでしょう。 Chromeのデベロッパー・ツールのモバイル・エミュレーターでチェックする場合にはmetaタグのcharset属性の設定の次あたりに下記を記述して下さい。 <meta name="viewport" content="width=device-width"> PCにおいては とりあえず「1k~4k」解像度をチェックしてみると良いでしょう。 具体的には「1k」では「約1000px*750px」(アスペクト比「4:3」)を、フルHD画面 以上なら「約2000px*1120px、約4000px*2250px」(アスペクト比「16:9」)の解像度をチェックすると良いでしょう。 「タブレット、スマホ」は既に登録されているプリセットの解像度でチェックしてみると良いでしょう。 解像度を変更したら必ずリロードして下さい。 もし フロントエンドをガッツリやりたいなら、下記を参考に実用的なWebページを実際に作ってみると良いでしょう。 とりあえず設計方針をユーザー・フレンドリーにするか、ピクセル・パーフェクトにするか決めましょう。 ユーザー・フレンドリーはレイアウトが想定の範囲内で崩れるように設計しなければならないので、初心者には難しいです。 ピクセル・パーフェクトなら、px→vwの換算は単なる四則演算なので特に難しいことはありません。 プロとアマチュアでは方向性が違います、もし プロを目指すならピクセル・パーフェクトを希求して下さい。 実用的なWebページ:ユーザー・フレンドリー(レスポンシブ・デザイン)・Webページ作成の注意点 http://ashtarte.pa.land.to/utf8/smt.cgi?r+twilight/&bid+00000037&tsn+00000037&bts+2021/03/21%2013%3A55%3A19&

画像
0

上級者の定義が難しいですが、通常のフロントエンジニアを「中級者」と定義するなら、「中級者」の範囲内だと思います。

ID非公開

質問者2021/11/22 15:49

これで中級者ですか?! 現在勉強してるんですが心が折れそうです。

0

きかなきゃわからないやつはじょうきゅうしゃじゃないだろうね

ID非公開

質問者2021/11/22 14:15

僕は初心者です。 このサイトがどのレベルかを知りたかったので質問させてもらいましたが小学生には難しかったですかね。