ID非公開

2021/11/22 23:17

22回答

なぜ遠視の遠点を眼球後方と考えるのでしょうか?イメージしにくいです。

目の病気95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/11/22 23:45

それは理解できます。近視の遠点は眼前何々センチ、これもわかります。 遠視の遠点は眼球後方、何々センチとするのがよくわからないです。

その他の回答(1件)

0

「覚えるしかない」というのはもっともです。 私の覚え方を書きます。 視標から線がでて網膜に結像する光学の図がありますよね? イメージ画像を添付します。 引用元 https://optica.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-409c.html これですが、まず、正視の状態を絵にかいてみてください。 網膜にちょうど結像しますよね。 近視の人は、正視より眼軸長が長いか、屈折が強い目をしています。 正視より眼軸が長い目を描くと、正視と同じものを見ていても「網膜の手前で結像する」ことが分かるでしょう。 また、屈折が強いと光はより手前で結像するので、これもおなじ状態になります。 光の性質についてはそのまま覚えるしかないです。 ここまでやればもうわかりますよね? 遠視は近視の逆だから、網膜後方で結像します。 以上、光学的にはもしかしたら正しくない覚え方かもしれませんが。

画像