質問です! この前、本物のアンモナイトの化石を無料でプレゼントというデパートのイベントがありました。 アンモナイトの化石って大量に発掘され過ぎじゃないですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても分かりやすかったです! 客寄せには確かにもってこいですねw 他の回答者の方々も有難うございました!

お礼日時:2021/11/28 13:31

その他の回答(2件)

0

単純に化石に残りやすいのと、長い期間に渡って死ぬほど大量に生きてたからです

2

単純に数が多いからです。 私も無脊椎動物は専門外なんで大して詳しい人では無いのですが(笑) アンモナイトの化石は 一般の方々には全部同じに見えるかも知れませんが 一口にアンモナイトと言っても 殻の形状、殻の装飾、殻と内部の仕切りの縫合線の形状等により これ迄に1亜綱5目9亜目25科の約10000種以上が記載されており 約1200種(有効種のみ)程度記載されているだけの恐竜(非鳥類型恐竜)とでは 生物としての総数が段違いです。 またアンモナイトは古生代前期デボン紀エムス期の頃より 中生代後期白亜紀末マーストリヒト期迄の 約3億年以上も世界中の海に棲息していた生物群ですので (非鳥類型恐竜の約2倍の棲息期間) 当然化石として残る標本の総数も其れに比例します。 それとアンモナイトが棲息していた環境が、化石に成りやすいというのもあるでしょう。 地層は水の中で砂や泥などが降り積もって形成される為 海や川の中で生きている生物が地層の中に埋まりやすく、化石に成りやすいのです。 さらに、地球の7割は海であると言われるように 地球上には海の底でできた地層が圧倒的に多く分布している為 必然的に海の生物の化石のほうが見付かりやすくなります。 また詳しくは知りませんが、アンモナイトの殻の構造は アンモナイトの死後海底に沈殿しやすい構造なのらしいです。

2人がナイス!しています