ここから本文です

なぜぎえんは劉備のもとにいたのですか? 全然雰囲気違いますよね

a_n********さん

2009/4/1722:59:26

なぜぎえんは劉備のもとにいたのですか?
全然雰囲気違いますよね

閲覧数:
1,683
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

かえるさん

2009/4/1810:18:50

劉備と魏延は、気があったのだと思います。

208年、荊州をめぐる争いに巻き込まれた劉備軍は、
曹操の大軍を前にして撤退し
襄陽の「劉琮(りゅうそう)」に助けを求めます。
しかし、劉琮は、曹操と手を結ぼうと考えており、
劉備の助けの依頼をを拒否し、堅く門を閉ざした上に、
劉備軍やそれについて来た荊州の民までにも矢を掛け始めました。
その時、劉琮の部下で、劉備につくよう劉琮を説得し、
門を開けさせようとしたのが、『魏延』です。

その後、出奔し、荊州長沙郡太守の「韓玄」を頼ります。
その頃劉備の荊州南部制圧によって韓玄も攻められます。
韓玄のところにいた「黄忠」が濡れ衣で処刑されそうになったため
韓玄を殺して劉備軍に降伏します。

正史では
劉備入蜀の際、「劉璋」との戦いで、「部曲」と称される私兵を率いて
度々専戦功を立てたのが、「魏延」が世に出た最初とされます。
その功が認められて、牙門将軍に任ぜられました。

劉備より、本命といわれた張飛を差し置いて、漢中太守に任命されますし、
魏延は劉備の期待に応えるかのように魏の軍勢から漢中を堅守し、
その土地の統治も滞り無く行います。
劉備が蜀漢皇帝に即位すると鎮北将軍に任命され、
223年には都亭侯に封じられます。
叩き上げの武将の魏延と、「文}より「武」を好む劉備は気があっていたんでしょうね。

諸葛亮に徹底的に嫌われ、
反骨の相があるなど、言いがかりに近い扱いを受けますが、
それは演義での話であり、
「諸葛亮は楊儀の才幹を深く愛したが、
魏延の驍勇(ぎょうゆう)も頼みにしていて、
常々二人が不仲なのを残念に思っていたが、
どちらか一人を廃するにも忍びなかった。」
(『蜀書・楊儀伝』)という伝にもあるように、
五虎将亡き後の蜀を支える有能な武将として、
一流の武将ではあったと思います。
正史と演義で、間逆の評価を受けてしまった悲劇の人物ですね。

反乱を起こしたのも、仲の悪い楊儀の讒言が、
他人と協調して和を保つという事ができなかった魏延の性格が災いして、
取り上げられ、節度を忘れて叛乱すると口走ってしまっただけで、
本心ではなかったとの説もあります。

ちなみに、
魏延が馬岱に殺害された後、
魏延の愛馬(「黒毛(こくもう)」が離れようとしなかったといいます。
馬は川の水に
「私の主はどんな罪を犯して殺されたのか教えてくれ」と泣いて尋ねました。
川の水はすすり泣くばかりで答えません。
馬が「数々の武功を立ててきたのになぜだ」と考えていると、
二人の人の話し声が聞こえました。
一人は「これは冤罪だ!」といい、
もう一人は「魏延様は無実だ。丞相(諸葛亮)が不公平なのだ!」といいます。
この二人は魏延に使えていた小姓で、
馬は「お二人様はなぜ逃げなのですか?」と尋ねると、
「私達は魏延様の墓を守るためにここにとどまっているのだ」
馬も「では私もともに魏延様の墓を守りましょう」と言いました、
何年もの月日が流れ、日照風雨に晒される中、人も馬も石になってしまいます。
蒋エンが諸葛亮の跡を継ぎ丞相となり、漢中を訪れたとき、
その話を聞き、調査すると、
魏延は楊儀の讒言によって無実の罪を着せられたということがわかったので、
蒋エンは劉禅に上奏し、楊儀を罷免することでその無念を晴らしました。
この石人石馬、今現在も漢中博物館に大切に保管されているといいます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syo********さん

2009/4/1817:04:19

孔明とは合わなかったと思いますが、劉備はかなり評価してますよ。
古参の趙雲より官位高かったですし、漢中の太守にもなってます。

用心棒の親分が皇帝にまでなったのが劉備ですから、魏延のような反骨精神の塊のような人間は関羽、張飛の若い頃を見ているようで頼もしかったのかもしれません。

2009/4/1723:29:24

なぜそういえるのですか?

あなたは根拠のない後世の作り話を事実と信用して、とんでもない勘違いをしていると思います。

むしろ魏延の方がしっくりしていて、諸葛亮の方がよほど劉備陣営としては異質です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる