ID非公開

2021/11/25 13:24

77回答

士業と経営者との関わり方についてです。 弁護士、税理士、社労士、司法書士、行政書士などの士業は、従業員よりも 社長や事業主、経営者と関わる事のほうが圧倒的に多く、特に税理士や社会

起業 | 資格231閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございます! いろいろな御意見、大変参考になりました!

お礼日時:2021/11/27 13:39

その他の回答(6件)

0

経営者目線でないと、相手にされない。 ただの代書人で終わるよ

0

税理士や社労士にあまり期待してないな。代書屋ぐらいの認識ですよ。 経営者からすると、大半は現実を知らない素人だったり。

0

士業もやりつつ、それと関係ない経営者もやってますが…。 経営の中枢の方々と話すのは慣れですからあまり心配ないです。私は、経営者もやってますが、それは士業をやりつつ、後に他の商売をやったからで、単にお金のためですね。 経営者の気持ちはわかりますが、士業の業務では気持ちがわかっても寄り添えない時やむしろ反対しないといけない時があります。よって、あまり相手の気持ちがわかってしまうのも辛いものですよ。 よって、最初に書いたように慣れですから、ペーペーから偉くなっていく過程で普通に慣れてきます。心配ないです。

0

必要なのはエンターテインメントでもご機嫌とりでもなく誠意。相手の必要とすることを理解して仕事をすることです。自分の知識が相手に劣るところは虚勢を張らずに教えを乞う。そして自分の知識や能力で相手が必要とするところを提供するのです。この人といると楽しい、と思わせることではなく、この人に任せれば安心だと思わせることです。

0

そんなに構えなくていいですよ。専門家としてアドバイスできる知識がちゃんとあればほぼ事足りると思います。