障がい者採用は、人事や総務部門での採用が多いのですか? どのような仕事をするのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

障害者枠採用の仕事は多彩です。 一般的に多いのは、コピーを取るだけ、資料を製本 するだけみたいな事務仕事の下手間です。 人事や総務部門というわけではなく、要は下手間の あるところに行くだけで、所属と言うものは関係あ りません。 仕事が多彩と言ったのは、システムエンジニアや、 ホームページ作成、アニメの編集作業などプロの 分野での仕事もあります。 ですので、あなたが何がしたいかです。 役所などを中心にしたものでは、エクセルのデータ 入力の仕事です。 雑用メインですが、場合によっては本職仕事もあり ますよという事です。 下のカテマスのOWN女史はスーパーで品出しのア ルバイトをしています。 暇がかなりあるらしく、朝から晩まで知恵袋投稿 に余念がなく、一体いつ働いているんだ?という 疑問すらあります。 障害もいろいろありますので、例えば聾唖者で耳が 聞こえない、言葉が喋れないだけで、体や脳は正常 だという場合ですと、自動車メーカーで組み立てラ インでバリバリ働いて、障害者枠の採用だけど正社 員と同じ待遇です。 年収700万円貰って、税金も減免されてウハウハだ ねっと...という事もあります。 障害者枠だから、給与が安い!雑用しかない!という のはあくまでイメージですよ。 私も身分は障害枠ですが、待遇は正社員で世界的に展 開している企業で働いています。 ですので、障害枠と言っても多彩なのです。 採用する企業の考え方で大きく違います。 戦力と見る企業ほど、仕事内容は高度で給与や休みも 増えます。 SDG’sでありダイバーシティですからね。 要は障害による差を認め、そこに不利益な差別を設け ないというのが、今後の流れです。 勿論、当事者たちも障害に甘んじずに、自立する事を 目的に高い意志を持って働くことを求められることが 当たり前の時代になっています。 他の回答者の回答は、古い時代にあった障害雇用の考 え方ですよ。

ちなみに障害者の監督職も居ます。 世の中を見渡せば、障害者の管理職も珍しく ありません。 私の職場にも障害者の管理職はいますし、私も そこを目指しています。