新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/11/26 13:55

44回答

個人事業主です。 11月以後、いづれ事業復活支援金が始まりますが、2020年の11月、12月、2021年の1月などは、コロナど真ん中で売上はゼロですが、、対象月が、2020年のこれらの月と、

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、誠に有難うございました! 頑張ってまいります。涙。

お礼日時:2021/11/26 21:53

その他の回答(3件)

0

事業復活支援金の比較対象となる年は2019年と2020年に対し2021年の11月から2022年の3月の同一月です。 仮に2021年の11月を対象に申請する場合は2019年の11月もしくは2020年の11月です。 2021年の11月の売上100万円。2020年11月の売上80万円。2019年11月の売上が200万円の場合→2021年11月の100万円と2019年11月の200万円の対比で50%減となり50%以上減で対象となります。 給付額は法人(規模による)と個人でまず異なります。それから30%以上減が最低条件で50%以上減になると更に給付額が増える仕組みです。 申請方法は月次給付金や一時給付金時に事前確認を金融機関や税理士で済ましている場合はスムーズですが、今回はGビズIDが必要になる可能性もあります。GビズIDはサイトからフォーマットに従い企業及び個人情報を入力後に印刷し、印鑑証明を添付し郵送すれば不備がなければ1〜2週間で発行されます。 必要書類は恐らく以前の月次や一時給付金と同様に対象年の確定申告書と2021年の給付申請する月の売上台帳、本人確認書類、誓約書等になると予想しています。

0

飲食店なのか分かりませんが、失礼ですが売り上げゼロと言うのは何か企業努力はされたのですか? 個人居酒屋などは昼間のテイクアウトや弁当配達、メニュー1部停止や人件費削減など何かしら工夫されている方が多く見受けられました。 私は接客業の自営ですが、昨年5月(ロックダウン)にはお客様も減りましたが今は100%とは言えませんが戻って来てくれましたし店もコロナ対策をしています。 飲食店じゃないので受給出来る物も少なく、持続化給付金も4割減と中途半端な売上減により受給出来ず自力でどうにかするしかありません。 取り敢えず現在も営業を継続出来ているならこれから盛り返すしかないかと思います。 皆状況は同じなので。頑張りましょう。