音楽の度数について。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

1

だから、5度は「ドミナント」で4度は「サブドミナント」と言います。 こういうのを転回と言い、つまり4度と5度というのは表裏一体ともいえます。 ただ、コードの理論ではまずルートがあってそこから数えるのが基本となります。

1人がナイス!しています

0

単音について言う場合、Cから数えてGは「5度上」もしくは「4度下」です。Gから数えるとCは「4度上」もしくは「5度下」です。 ハ長調(Key=C)の曲では、Cのコードがトニック(Iの和音)、Fのコードがサブドミナント(IVの和音)、Gのコードがドミナント(Vの和音)になります。 ト長調(Key=G)の曲では、Gのコードがトニック(Iの和音)、Cのコードがサブドミナント(IVの和音)、Dのコードがドミナント(Vの和音)になります。 その調の主音を根音(ルート)とするコードが「Iの和音」、その調の主音から数えて4度上の音を根音とするコードが「IVの和音」、5度上の音を根音とするコードが「Vの和音」です。

0

両者は、基準(ルート)が異なるので違いますね。 1度と5度を交互に鳴らすオルタネイティング・ベースで見てみましょう。 コード進行と(a←→e)はベース音の動きです。 Am (a←→e)a音は1度 Dm (d←→a)a音は5度、d音は1度 G7 (g←→d)d音は5度、g音は1度 C(c←→g)g音は5度、c音は1度 このように同じ音でも、基準が違えば度数が違うし、響きも違うのです。

0

質問の内容な「コード」ですね。 まず、多くの人が勘違いしています。それは・・・ コードネームCは、ドミソ、です。 確かにそうですが、 ドミソ、ミソド、ソドミ、すべてがCです。 ドミソド、ドソドミ、ミドソド、ソドミド、ドドソドミソド、などすべてがCです。 さらに、ピアノの低い低いほうのソと、真ん中あたりのミと、高い高いほうのドの組み合わせも、コードネームCです。 また、同時にやらなくても、バラバラにしてもOK。左手と右手を合わせてもOK。ピアノ伴奏と歌パートの組み合わせでもOK。 さらに、コードネームCだけど、ドとミだけでもOK、ドだけでもOK、ソだけの場合もあるだろうけどOK。 度数のことなら、 ドとソは5度。ソとドは4度。その通りです。 で、コードとは「ある特定な音の組み合わせ」です 例えばコードネームCは「ドとミとソ」の組み合わせで、その組み合わせ順は自由。音が重なってもOK。不足してもOK。