回答(4件)

1

積み立てNISAは制限付きの税金がかからない株式投資(正確には投資信託)の制度 投資信託は投資商品です。 例:積み立てNISAの制度を使って、投資信託を購入する。 通常、株式投資で得た利益には約20%の税金がかかります。 例えば、 Aの株を100万円で購入したら、1年後に110万円になったので売却した。 →株を売却したことで、現金10万円を手に入れました。 現金10万円を手に入れたので、あなたは税金を払いに税務署に行きました。 あなた「株で10万円の現金を稼いだので税金を払いにきました」 税務署「株で10万円ですね、でしたら20,000円が税金です。お支払いください」 あなた「これ積み立てNISAで儲けたんですよね」 税務署「あ、そうなんですね。でしたら20,000円のお支払いは不要です」 あなたは、NISA制度のおかげで、20,000円を得しました。 こんな感じ。 ただ、これを制限なしに認めちゃうと国としても税金が入らなくて困っちゃうから、20年間という期間や投資額年間40万円までって上限を決めて、制限をかけてる。

1人がナイス!しています

1

ID非公開

2021/11/27 15:09(編集あり)

投資信託との違い…? つみたてNISAでは、投資信託を購入します。 つみたてNISAは少額投資非課税制度です。 国が厳選した投資信託の銘柄から選んで購入します。 年間40万円まで積立可能で 購入後は20年間、利益に対して非課税運用できます。

1人がナイス!しています

1

投資信託の中に積立NISAと言う制度を使って買う仕組みがあります。 買った年から20年間は利益にかかる税金が無料になります。

1人がナイス!しています