なんか、世界を見ていくと、打てば打つほど感染拡大するとの考え方は出来ないのでしょうか。 重症化どうこうなら、それも打てば打つほどかと思うのですが。

政治、社会問題 | 病気、症状96閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

出来ませんね。

この返信は削除されました

1

数字のマジックです。 例えばワクチン接種率10%の段階だと→「ガン患者のうちワクチン接種組は10%に過ぎない」となります。 ワクチン接種が80%にもなると→「がん患者のうちワクチン接種組は80%も占める」と、あたかもコロナワクチンとガンに関係があるように見えます。悪意を持ってそういう宣伝をしたがる人が出てくるし、数字に弱い人は騙されてしまう。 以上は例示に過ぎませんが、コロナでもワクチン接種率が高くなると、こういう見方がどんどんできてしまうようになります。 問題はワクチン効果には限界がある、期限がある、ということで、ワクチンを打つとコロナに罹りやすくなるということではありません。実際に予防効果は4割、重症化防止効果は9割もあると専門家は発表しています。 しかしワクチン接種はどの国でもアトランダムに行われて来た訳ではなく、高齢者や基礎疾患のある人から重点的に摂取されているので、そういう人達から効果が薄れて来る。そうなると元々危険性の高い人だから、接種してない若い層よりも再び感染も多くなる、を繰り返すのです。

1人がナイス!しています