ID非公開

2021/11/27 14:54

44回答

伊藤詩織さんとの事件で、山口敬之さんはポリグラフ検査を受けたそうですが、その際にどのような質問をされたのでしょうか?

補足

質問に回答する体で無関係の話がメインという荒らし的行為をする人間がこちらの質問に続き出没しました。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14252834879?fr=ios_other その人物は山口氏を擁護しているようですが「山口氏も酔っていて事件時の記憶は曖昧だが戦略上そのことを言明しない」と氏にとりマイナスなことを主張する珍プレー、 「山口氏は伊藤氏のメールで動揺した。それが“メールが不正確になるというミス“をした理由の一つだが、メールが不正確になった理由ではない」と山口氏に負けず劣らずの苦しい主張、 困ったら「伊藤氏のほうが〜」とwhataboutism、話をすり替え、およそ一般的には通用しない独自の解釈や基準で強弁、 受付終了となり返信が書けなかったら「都合が悪くなり書き逃げ」と妄想を繰り広げるという風変わりな自慰行為をする等 なぜか妙に頑張っているようで、特に頑張る理由のない他の方は荒らし的行為をしないと思いますが、念のため荒らし的行為はお控えくださいますようお願いします。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

何らかの事件が発生して。もしポリグラフを受けるとしたら、おそらく客観的な事実についての認識と自身の言動について問われると思います。 つまり、その事件があった時にどこにいたのかとか、事件となる行動、例えば人を殴ったとか物を盗んだとか、そういったことを行ったのかを聞いて、おそらくそれらを肯定・否定する際の反応を見て、その証言の信憑性を確認する手段として使われるのでしょう。 でもこの事件の場合、二人がホテルに泊まり、性行為があったこと自体は争点ではないのですから、聞くべきはたった一つ。 「伊藤さんは性行為に同意しましたか?」 「ハイ」 これだけだと思います。 もちろんこの他にも、例えば伊藤氏が飲んだ酒量とか、伊藤氏の住所を知っていたかとか、山口氏がどういう認識を持っていたかを尋ねることはあるでしょう。 でも、そこで仮に山口氏が嘘をついていると判断されても、それは山口氏が伊藤氏の同意を得ずに性行為をしたということは意味しません。 そして山口氏は、自分が伊藤氏からの同意を得たと認識しているなら、それは同意があったことになるんだと信じ込んでいたようです。 そうなると、上記の質問をされても山口氏は自信満々で「ハイ」と答えたでしょう。 だからポリグラフでも何の反応も出なかった。 それだけのことでしょう。 ***** でも、性行為の同意があったかどうかは、山口氏が決められることではなかった。 特に伊藤氏が泥酔していたと認識しているなら、そこでもし伊藤氏がそのような反応を示したとしても、それを真に受けてはいけない。 それが日本の法律なのであり、山口氏の行為は違法と言われる可能性が極めて高い行為だったわけです。 ただ、刑事事件では違法行為をした客観的な証拠が無ければ有罪にはできませんから、伊藤氏の記憶がない以上、起訴するには証拠が不十分ということだったのだと思います。 そして、普通ならここで被害者は泣き寝入りをするのですが、伊藤氏は顔と実名を曝す覚悟をもって民事で訴えて来た。 民事となるとお互いの主張のガチンコ勝負。 刑事のように疑わしきは罰せずなんてゲタは履かせてもらえない。 それが山口氏にとっての最大の誤算だったのだと思います。

ID非公開

質問者2021/12/3 18:44

ありがとうございます。 私が質問文に添付した資料によると、直接的な質問は行っておらず、例えば首を絞めた凶器についてだったら 「凶器はビニールひもですか、電気コードですか、ベルトですか、ネクタイですか、タオルですか」 のように質問するようです。 なので「同意しましたか?」のようなイエスかノーで答えられるような訊き方はせず、 「性行為に及ぶまでの流れは、こうですか?あーですか?…」 のような訊き方になるのではないかと思いました。いかがでしょうか?

1

山口氏がポリグラフを受けたかどうかについて、他の回答者の方と議論されているようですね。それについての私の推察です。 山口氏は、ポリグラフを受けたと思います。 質問者様がおっしゃる通り「警察が嘘をつく理由も、伊藤氏が(自分が不利になるような嘘をわざわざ)著者に書く理由も、全くありませんからね。 でも、山口氏自身は、はっきりと結果は聞いていないのかもしれません。 逆に伊藤氏は、その結果をはっきり聞いたのではないかと思います。 なぜなら「警察は、疑うのが仕事」だからです。 ポリグラフにはかなりの正確さがあり、おおむね90%程度の精度があるということです。 しかし、100%ではない以上、それだけで完璧な証拠として使うことはできないと思います(自供ですら、完璧な証拠とは言えないわけですからね)だからもし警察が山口氏に「ポリグラフでは反応がなく、あなたが嘘をついたという結果は出なかった」と言ってしまえば、山口氏が開き直る可能性があり、その後の取り調べがやりにくくなります。 逆に警察は、伊藤氏のことも疑っていて(実際山口氏の性犯罪は結果的に、不起訴が確定しましたね。伊藤氏の虚偽告訴罪はまだ検察審査会で審議されていて、不起訴は確定してはいませんが)、「山口氏はポリグラフでは反応がなく、山口氏が嘘をついているという結果は出なかったのですがね〜(あなたの言っていることは本当なのかと暗に聞いている)」みたいなことを言って、伊藤氏の反応を見たのでは(伊藤氏が検事とのやりとりを極秘に録音したテープの中にも、検事が伊藤氏の言葉を疑っているように感じられた箇所が、いくつもありましたから) だから山口氏はあまりポリグラフのことを大っぴらには言わず、逆に伊藤氏の方が著書にまで書いたのではないでしょうか。 それが一番、しっくりくる答えのように、私は思います。 尚、質問に対する回答ですが、ポリグラフで具体的にどのようなことを質問されたかは、はっきり言って私にはわかりません。すいません。多分、一見関係なさそうな質問の中に、犯人しか知り得ないような情報(つまり、秘密の暴露的な)についての質問が混ざっていたのではないでしょうか。 でも、それは、警察にとって「企業秘密」のようなもの。一応性犯罪の疑いのある事件について、どんな質問をしたかを公表してしまったら、今後似たような事件が起こった時、捜査に支障をきたすことになりますからね。相手に手の内を公表するようなことにもなりかねませんから。 だから、一般の方の中で知っている人はほとんどいないのでは。また、たとえ知っていても、あまり公表すべきではないと、私は考えます。 尚、何度も言いますが、来年一月に判決が出るわけで、それまでは、なるべく静かに結果を待ちたいと思っています。今回の回答は全て私の推察ですから、これ以上の追求を求められても、お答えするのは難しいかと存じます。どうかご了解ください。 すいません、もしかしたら、山口氏がポリグラフを受けていたことが確認できるかもしれません。もうしばらく、回答の締め切りを待っていただけませんでしょうか。確認できなくても、返信いたしますので。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/29 18:42

ご回答ありがとうございました。参考になります。

3

供述調書が出たとは聞きませんのでポリグラフの質問内容までは想像しかできませんね。 ですが時間的に不可能な「空港での逮捕未遂劇」さえも詩織は嘘なんかついてないー!と騒いでる奴に限って、この部分だけは嘘だという事にするのも滑稽ですね なお以下は書き逃げされたのでこちらへ張りました。 山口氏の文章を論う前に御自身が精読されてから書き込む方が宜しいかと。 よほど都合が悪かったようなので返答は結構ですし、NGにして逃げるなり好きにして下さい。 ⑥ 質問への回答は ・伊藤さんのメールで動揺した ・酔った上の真夜中の出来事だから正確性を欠くのは否めない ・ミスだと思われる と理解しました。 ご推察のとおりだとして、山口さんがそのような主張をしないのはなぜでしょうか? これはあなたの回答です。「そのような主張」は上記三点を指していますよね? 一番目は上記の通り、平常心ではなかった事を示唆されています 三番目は「事実経過としては正確性を欠いております」とあり「故意ではない」と答えています。 問題の二番目ですが「私もそこそこ酔っていた」とメールに書いてありますし、日中よりも真夜中の方が眠くなり頭が働かなくなるのは人間の当たり前の生理です。 という事は直接的表現ではなくとも総合的に見れば同様の主張をしている事が「裁判資料など漁れば」分かるはずです。理解できない頓珍漢なら別ですが。 なのにあなたは「山口さんがそのような主張をしないのは」と答えました。 この時点でお互いの文章が微妙に嚙み合っていない事がわかります。 ⑦⑧ そもそも私は最初に「動揺しますよね。」「それに当時はお互い酔った上の真夜中の出来事ですから、正確性を欠く」と文章を分けています。 ミスではないかという論の根拠が「動揺」+「酔いのために正確性を欠く」という形ですね。 「酔い」は「正確性を欠く」にかかり、その理由となっていて切り離せない関係です。 一方「動揺」は独立していて「酔いのために正確性を欠く」とは並列の関係です。 >なぜここにきていきなり『動揺』を消し去り『酔い』に絞ってきたのですか? >『動揺(平常心ではなかった)』を消し去ったと思ったら(酔いのため)を後から挿入ですか。 にも拘らずこのように仰るわけですから「日本語の表現というものは、かように複雑なのですよ。」 ⑨ 山口さん「(結果的に)正確性を欠いております」→故意ではないと言ってるだけ 私「(酔いのため)正確性を欠いております」→理由を「酔い」と推察している 似ている様で異なるのがおわかりいただけませんか? ⑩ 前述の通り最初から「酔い」と「正確性を欠く」がペアで、「動揺」とは独立関係にあるのですから、文章作成者の文章作成能力の問題(私の書き方が紛らわしい)及び読み手の読解力(あなたへ真意が伝わっていない)双方の問題であり、いずれにしろ日本語の表現の複雑さの問題です。 それにジャーナリストならばメールの文章でさえも完璧でなければならないというのも手厳しいですね。 一流紙とされる新聞の記者でも、仕事場である紙面で記事の訂正する事は普通にありますよ。 ましてやプライベートで動揺している心理状態では…「肯定」が読めない事とはわけが違いますよ。 ⑪ あなたの感想なのでご自由に。 ですが「被害を訴えている側の」伊藤さんの方が遥かに矛盾が酷い事は不変の事実です。 ⑫⑬「文脈」上→正確性を欠くが、間違っているとも言えない(グレー)で 「文法」上→完全に合っており反論不可能(真っ白)です。 あなたが「文脈的に明らかにおかしいと思います。」と仰るので、 前者では水掛け論になると思い、より確実な後者を選択したわけですが? ⑭ やむを得ない生理現象である「嘔吐」と自己の意思としてモラルが問われる「性交の誘い」と、どちらが恥ずかしいか考えるまでもないと思いますが? ⑮ 仰る通り山口さんの話におかしい点があっても、それにより伊藤さんの話のおかしい部分が解消されるわけでもありませんね。 強姦されたというのは「彼女からの訴え」なのですから彼女の方により正確性が求められるのは当たり前ですよ。 事件の「実際の犯行の態様」と「犯行時刻のアリバイ」が同等だとでも? 犯行時間や被害実態が曖昧なのに、アリバイが明確でなければ有罪なのですか? ⑯ 二週間後に直後と全く同じ記憶を再現できる人がいるなら教えて下さい。 伊藤さんも日数が経たない方が記憶が鮮明と言っていましたが? >なるほど、山口さんは不都合なことは隠す人間であると。 私の意見を勝手に山口さんの主張にすり替えてまで伊藤さんを正当化したいのですか? そしてその後は全て「伊藤さんへのブーメラン」になるので止めて差し上げて下さい。 あ、念のためもう一度書きますが以下の通りなので悪しからず。 山口さん「日常の一光景に対して日数が経ってからの矛盾」 伊藤さん「一生に一度のショッキングな非日常の出来事に関して事件直後から矛盾」 蛇足ですが彼女が「これでメールは全部だ」と書きながら「お疲れ様です。」という「言葉」も「後日のメール」も著書では省略して、裁判上の戦略のみならず読者への印象操作を行っているのには趣を感じました。 (伊藤さんのことを信用できなくなる情報なので)

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/29 15:34

荒らし的行為を繰り返す人間とやりとりする意志は言うまでもなくありませんが >山口さん「日常の一光景に対して日数が経ってからの矛盾」 伊藤さん「一生に一度のショッキングな非日常の出来事に関して事件直後から矛盾」 この部分につき ・山口さんにとって「就職相談の相手と性的関係を持つ」ことは『一生に一度』のようなことでも『非日常の出来事』でもなく『日常の一光景』である、つまり山口さんはそういうことを日常的に経験していた ・あなたも山口さんのメールは『矛盾』と認識している 上記2点了解したこと、それから、この部分についてこれより後に弁明されても後の祭りだということだけ申し上げておきます。