ID非公開

2021/11/27 17:43

33回答

ヘルプマークをつけている人が満員のバスに乗りました。席に座っていた小学生がヘルプマークに気づき、席を譲ろうと立ち上がったところ、スーツケースを持った老婆が横入りして席に座りました。

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ストレートな当たり前なお答えで、納得しました。 ありがとうございました。 まだまだ日本は汚い世の中ですね。 外国では笑われます。

お礼日時:2021/11/28 20:35

その他の回答(2件)

1

残念な言い方になるかもしれませんが, 1. ヘルプマークは,援助や配慮を必要とする方がつけるものです。しかし,ヘルプマークの方に対して席を譲らねばならないという決まりはどこにもなく,あくまでも周りの方に配慮をお願いするものです。つまり,「日本人の公徳心」をアテにしたものです。 ですので,バスの座席にてそのようなことが起こったとしても,何らかの強制力でどうにかできることではありません。 早い者勝ちだからということではないですが,あなたが他の返信でおっしゃる「汚い世の中」というのも当てはまるかもしれません。 2. ただし,これが優先座席であれば,話はまた変わるかと思います。 優先座席にも法的な効力はなにもありませんが,少なくともバスや電車の会社そのものがいっている決まり(というかお願いごと)です。これに従わないのであれば,直接はなにかの違反ではありませんが,公共の交通機関を利用させてもらう立場なのだから,料金さえ払えば何をしてもいいわけではなく,最低限の決まりは守るべきでしょうし,お願いごとなら従うべきでしょう。 というわけで,回答としては, 「強制力としては,どちらが優先でもない。だけど,社会の中の人間として生きる以上は,ヘルプマークの方を優先とすべき。」

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/28 20:33

席を譲ろうとした小学生は老婆を見ていません。 ヘルプマークを見て、素直に席を譲ろうとしたものです。 バスの中は混んでいたので、席が空いたのを見て老婆がやってきたというのが本当のところです。 優先席ではありませんでした。 説明が不足してすいません。 ヘルプマークの方に席を譲る決まりはないと書かれていますが、どこで決まったことですか? どうしてヘルプマークというものがあるのか、理解していない方がまだまだ多いようですね。 残念です。

2

優劣はない。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/11/27 18:15

早い者勝ちですか? 汚い世の中になったんですね。