回答受付が終了しました

ID非公開

2021/11/28 16:29

1010回答

宝塚歌劇団って意外と歌が上手い人が少ない? 気分を害された方申し訳ございません。

宝塚2,389閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

回答(10件)

0

ID非公開

2021/12/4 10:32

気分を害してはいませんが、まぁ、まずは昔の宝塚を見てみてくださいよ。 断片的な映像ならネットで見れますから。 例えば『ベルサイユのばら~アンドレ編~』。 全体として振り付けは今よりも単純で、その代わりにアンドレ・オスカル・フェルゼン・アントワネットの歌の平均点が高いのがわかります。 主演娘役の方は歌はかなり苦手なようですが、プロローグでは小公女を演じられ、主演娘役の歌がない演出になっています。 まとめると ①昔から今のような状況だったわけではない ②演出により感じ方は異なる

1

華がある方が押される傾向が多いので確かに、歌を重要視してないと思われてもおかしくないと思います。 ただ、男役は自分の得意なキーよりも低いキーで歌わなければ行けません。 声を潰してあれだけ歌えてる人がいるのは結構凄いと思います。 歌が得意な方は実際多いと思いますが、男役としてとなると難しいんだと思います。

1人がナイス!しています

2

宝塚のスターシステム上、歌がどんなに下手な方でもトップスターが一番多く歌います。歌が下手なら他の方に歌わせれば良いと思うのですが、そうはいきません。オリジナルで、その方にあった音域の曲を作るくらいしかフォロー出来ません。 続いて歌が多いのはトップ娘役、二番手、三番手(お芝居でソロがあるのは三番手くらいまで)です。ショーで歌い継ぎするメンバーもトップスターから5人がソロ、そのあとも推されている若手メンバーが複数で歌います。もちろん、歌上手な別格のかたが歌われるシーンもありますが、圧倒的に多いのは番手がついている方々です。 今、男役上から5人が及第点が出せるのは2組だけです。 宝塚における成績はダンス重視で、下級生で選抜されやすいのは、ダンスが上手い方ですが、番手が上がるにつれ必要なのは歌と芝居です。ダンスで抜擢された方が上がる間に歌が上手くなれば良いのですが、上手くならないままの方もおられます。選抜システムと番手がついた時に求められるスキルのねじれから、歌はどうした?みたいな事象が起こります。 別箱では、片方に歌上手を振り分け、番手に関係なく使われることがあり、すごくクオリティの高い舞台があります。

2人がナイス!しています

1

発祥時の名前は「少女歌劇」なので、未婚女子が演じる歌劇の方に重点があり、今でもその枠からは変わらないと思います。(藤〇歌劇団とかの意味でイメージされると、たしかにアレッ?となりますね) まあ少ないか多いかは感じ方次第として、歌が不得手でも美しい踊りが見られるなど、適材適所なら良いんですけどね。 ちなみにOGの有名なトップスターさんで、やることが増えて忙しいのは可哀想だが歌をもっと頑張ってほしい、て言ってるのを2人くらい見聞きしたことがあります。ダンスはみんな、今の子の方が格段に巧いで一致するんですけどね。だからやっぱり比重がダンスやスタイル優先ではあるんでしょうね。

1人がナイス!しています

2

歌劇団、という名前からは、歌、と、劇、が最重要のような印象を受けるのですが。 実際には、歌と劇と同列、あるいはそれ以上に重視されているのはビジュアルとダンスなのだと思います。 歌と劇は、それなりの役をもらわなければ、力を発揮するのが難しい(力不足が目立たない)ですが、ビジュアルとダンスは後列や端の立ち位置であっても観客の目に入る目立つ要素であるから、かと思っています。 実は歌唱力の高い生徒さんは少なくないですが、力を発揮するチャンスに恵まれていない場合が多々あるので、ぜひ力ある生徒さんにはもっとソロ歌唱の場面を作ってほしいと願っています。

2人がナイス!しています