放射線は動植物に有害であることは存じていますが、塩や砂糖、建物や機械のような非生物にも悪影響をもたらすのでしょうか。

原子力災害110閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:2021/12/4 14:00

その他の回答(6件)

0

塩や砂糖はわかりませんが、鋼鉄やコンクリートにはダメージを与えるはずです。

1

放射線は、あらゆる物に影響をあたえます。 金属も例外ではなく、原子炉圧力容器も放射線により脆化が進み、年数が経った原子炉は圧力容器破壊事故の想定も必要です。 最悪な原子力災害です。 臨界状態の核燃料集合体が収まる原子炉圧力容器が脆化によりガラスのように脆くなり、その圧力容器が瞬時に破壊されれば、その外側の格納容器も突き破り収束も不可能な原子力災害となってしまうのです。 運転中に核爆発状態。 福島原発事故を遥かに超える原子力災害。 事故時には、脆化した原子炉に注水しただけで圧力容器損傷。 それが30年超えの老朽原発を使うリスクです。

画像

1人がナイス!しています

1

強さと時間によるでしょう 劣化が生じる場合がありますし そのものが放射により放射線を出すようになる場合があります 不発芽処理や腐敗を防ぐために放射線を照射する食品もありますし 医療用品のように消毒滅菌に用いられることもあります つまり使い方次第 個人の見解による回答です

1人がナイス!しています

1

原理的には脆化などが生じるはずですが 実際に問題になったことはないみたい。 大量の中性子線などを浴びると放射化が発生しますが、生物への悪影響での安全性ですね。

1人がナイス!しています