Excelについて

画像

Excel158閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

追加 F2以下に、野菜の種類を集約して入れるように回答しましたが、 H2以下のデータを活用して、 ④F2セルに、 =IFERROR(INDEX(H:H,1/LARGE(INDEX((MATCH(H$1:H$500&"",H$1:H$500&"",0)*(H$1:H$500<>"")=ROW(H$1:H$500))/ROW(H$1:H$500),),ROW(2:2))),"") の式をコピペして下にオートフィルすれば、 H2以下の野菜名を集約して表示することもできます。 この場合、①のA2セルに入れる「データの入力規則」の式を、 =OFFSET($F$2,,,COUNTIF($f$2:$f$100,">"""),1) として下さい。

その他の回答(3件)

0

レイアウトが若干異なる為の別解です。(*^_^*) 範囲 A1:C1 を選択⇒Alt+MC⇒[OK] 範囲 B2:C7 を選択⇒Alt+MC⇒[OK] 範囲 E1:H1 を選択⇒Alt+MC⇒[OK] 範囲 F1:H7 を選択⇒Alt+MC⇒[OK] これから設定する[データの入力規則]の[入力値の種類]は何れも“リスト”です。 後は[元の値]に入力する違いのみで下記の如し セル J3 → トマト,レタス セル K3 → =INDIRECT(J3) セル L3:↓ =OFFSET(INDIRECT(CELL("address",INDIRECT(K3))),,,COUNT(INDIRECT(K3)),) 範囲 J3:L3 を下方にズズーッと必要なだけオートフィル オ・シ・マ・イ

画像
0

1)H3:H10の範囲を指定して、 2)リボン「データ」タブの「データの入力規則」▼をクリックして、【図-2】 3)「設定」の「入力値の種類」を「リスト」にして「元の値」に 4)トマト,レタス と入力して、OK【図-3】 5)I3:I10の範囲を指定して、 6)手順2)3)をして、「元の値」に 7)=IF(H3="トマト",$A$2:$B$2,$D$2:$F$2) と入力して、OK【図-4】 8)同じく手順2)3)をして、「元の値」に 9)=OFFSET($A$3,,MATCH(H3,$A$1:$D$1,0)+IF(H3="トマト",MATCH(I3,$A$2:$B$2,0),MATCH(I3,$D$2:$F$2,0))-2,IF(H3="トマト",3,IF(I3="大",3,IF(I3="中",2,5)))) と入力して、OK【図-5】 10)これで、それぞれのセルの▼をクリックして、入力してください【図-1】

画像

>後々追加したりした ◆追加に対応させるには、 前回回答の手順9) =OFFSET($A$3,,MATCH(H3,$A$1:$D$1,0)+IF(H3="トマト",MATCH(I3,$A$2:$B$2,0),MATCH(I3,$D$2:$F$2,0))-2,COUNT(OFFSET($A$3,,MATCH(H3,$A$1:$D$1,0)+IF(H3="トマト",MATCH(I3,$A$2:$B$2,0),MATCH(I3,$D$2:$F$2,0))-2,10)))

画像
0

数式ではなく「ドロップダウンリスト」の方が良いと思います。 下記が参考サイトを確認してみてください。 https://dekiru.net/article/18901/

ドロップダウンリストでそれぞれをやる方が良いのはよく分かるんですが、後々追加したりした際に数式だとコピペするだけで良くてやりやすいのと、そんな数式があるなら知りたい。という気持ちです。 今まではリストに全部まとめて入れていた為に、追加と削除が手作業となっていました。 すると作業員からの苦情がたくさんあって数式に変えれるならお願いしたいという意見がほとんどでした。 もし数式でやる場合なら、こんな数式を使うよ。とか、ちょっとやり方は違うけどそんなのはどう?みたいなのがあればお願いしたいです。