B帯のワイヤレスピンマイクの選択肢って… ソニーのこのシリーズしかないのでしょうか?

オーディオ | 動画、映像58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 2.4も選択肢に入れようと思いましたが、引き続き新しいb帯もチェックしてみようと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました。以後の買い物の参考になります。

お礼日時:2021/12/2 14:11

その他の回答(1件)

2

質問の意味が不明です。 「ワイヤレスマイクシステム」の、「器材の基本事項」が理解できていないのではないかと思われる文章です。 >B帯のワイヤレスピンマイクの選択肢って… 先ずわかっていないと思われるのが。 業務用レベルの、「ワイヤレスピンマイク」というものは存在しませんが? 基本事項として、 『ピンマイク』+『トランスミッター(送信機)』+『レシーバー(受信機)』 が、「1つのセット」になり、ピンマイクの「ワイヤレスシステム」を構成している、ということがわかりますか? ソニーのそれも、 https://www.sony.jp/pro-audio/products/UWP-D21/ 「マイクロホンパッケージ」と説明されているはずです。 テレビで歌手が手に持って歌う、「ハンドヘルド型ワイヤレスマイク」は「マイク+送信機」で「1つの筐体」を構成して「ワイヤレスマイク」となっていますが、「ピンマイク」にそのようなものはありません。 あくまで、 「ピンマイク」と「トランスミッター」を組み合わせなければならないのです。 指摘している、意味の違いが理解できますでしょうか? 「サウンドハウス」で検索を掛けてみた場合、このような製品が出てきました。(ただし、違うカテゴリー品が混じっている場合もあるので、必ず詳細確認が必要です) https://www.soundhouse.co.jp/search/index?s_category_cd=2520&i_type=c 「SENNHEISER」に「3種類」あるようですね。 基礎知識として、「トランスミッター」と「レシーバー」は「同一メーカー」の「同一シリーズ」と組み合わせることは基本事項です。 (「同一メーカー」でも、「シリーズ」が違う場合は使用できない、ことも基本事項です。) ですから、「トランスミッター」の「マイク端子」に、「端子」と「ピンアサイン」を適合させれば、「マイク専業メーカー」の「ピンマイク」や「他メーカーのピンマイク」を組み合わせて使用できる、ことも基本事項です。 あとですねえ、 「iBook-2001さん」にちょっと勘違いがあるようなのですが。 >『B帯、あるいはB型帯、もしくは800MHz帯とも呼ばれている範囲ですが、日本の法改正(2005年)において、旧来からのB帯ワイヤレスシステムは2022年12月1日以降は使用不能(違法)となっています。 』 と言っていますが、すべての「B帯ワイヤレスシステム」が使用できなくなるわけではありません。 この表現では誤解を招いてしまいます。 例えば同じ製品でも、製造時期によって「スプリアス規格」を「クリアしているもの」と「クリアしていないもの」が混在している製品があります。 その場合は、規制対象製品を「シリアルナンバー」で確認する必要があります。 ソニーのサイトです。 https://www.sony.jp/pro-audio/info2/20181009.html 例えば「トランスミッター」では、「WRT-822」「WRT-824」「WRT-850」等がそれに該当します。 当然現在販売されている製品は「スプリアス規格」をクリアしていますから、法改正後も「B帯ワイヤレスシステム」でも使用することが出来ます。 あくまでも「旧スプリアス規格」の製品が対象になるだけです。 各メーカーサイトでも情報公開されています。 ただ現在は、 >ただ、「移行期間の制限」をむかえる直前、コロナ等影響から、2022年11月30日より「糖分の間、移行期間の延長」が発せられるのですが、 「当分」と「糖分」の変換ミス以外は事実です。 【detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14253202179】

2人がナイス!しています

この返信は削除されました