この民法は、何のためにあるのでしょうか? >第234条 建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。

法律相談 | 土地73閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色んな観点からの御回答で、道理に叶ってると思いました。 ただ、塀ならば境界線ギリギリに建てられるかのような情報もあり、 もし、それが正しい情報ならば、1と2の理由からして 家の壁ならダメなの事が塀ならダメじゃ無いのが納得出来ません。 この問題に関してもご存知でしたら、また、御回答ください。 有り難うございました <(_ _)>

お礼日時:2021/12/6 6:40

その他の回答(2件)

0

まあ、判例から見れば、防火でしょうね。 最高裁平成元年9月19日民集四三-八-九五五 は、建築基準法六五条(の耐火構造)が民法二三四条を否定していますね。 防火の意味は判例からも導き出されますね。

0

50cmとは男性が正面を向いているときの横幅くらいだそうです。自分自身の敷地の周囲を点検などで隣地をまたがないで歩ける程度の長さは残しておきたい、という意味ではないでしょうか。 https://www.koyou.co.jp/intro/make/detail/?id=17