ID非公開

2021/11/30 23:18

55回答

田舎暮らしについて教えて下さい。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

参考になりました!詳しくありがとうございます、確かに機械のお金が掛かると聞きました、サラリーマン時代よりは収入があるようでしたが何かと大変そうでした。 人付き合いは町おこしみたいなものがあって、それには参加しないとダメなようで、田舎に限らずですが…社交的でないと やはり地域に馴染むのに苦労しているようでした。

お礼日時:2021/12/6 2:25

その他の回答(4件)

0

林業は確かに木が売れれば儲かります。でも売らない時は利益は無いです。林業は数年に一度しかまとまって売らないので、その間の間伐などは補助金などを当てにするしかありません。まとまった林を所有していればお金にはなりますが、そんなに甘くはないですよ。 ショッピングは今はネット、食費は確かにあまりかからない、けどそれほど貯まる事も無いようですよ。我が家の周りは、林業やってる人のカラマツ林ばかりです。

0

どういう地方なのか それ次第のところはありますね。 お金が貯まるというのは そのお宅の家計のやりくりで 貯まるお宅もあるでしょうし 浪費してしまうお宅もあれば 家業においても 人を使う 使わないに関係なく 機械類の維持には お金かかりますし。 人付き合いは その人の人格と言うか なんでもそうですが 臨機応変に対応できる方なら やっていけますが あれ嫌だ これ嫌だでは 逆に地元民からも嫌われますね。 私は移住者なんですが 山間のような場所で 歴史的に古い部類ではないので 風習とかもないし 地域独特のルールみたいなものもありません。 幾分 手先が器用ということもあって 近所からの依頼事などもありますが 差し入れなども結構あるんですが さすがに同じ種の物が 大量に頂くと 困ることもあります。元々の地元民でも やはり近所付き合いを嫌うお宅はあります。そういうところは 皆 タッチしていないみたいです。

0

イメージなんて関係有りません。1軒1軒事情が違います。都会に近い田舎も有れば、林業等はポツンと1軒のテレビに近いほどど田舎も有ります。林業で山の中なら野菜を貰える隣家もありません。 近所に家が有っても、お付き合いの仕方で貰えるかどうかは分かりません。 多くは旬の野菜が取れ過ぎたり、変形で出荷できない物で、欲しい物は買うことになりますから、お金は掛かります。家の場合は車で10分あまり走れば、ドン・キホーテもコストコもデパートも大手家電量販店やスーパーもありますから、買い物は都会に劣りませんし、何でもネットでボチリますから、私の月の小遣いの4万円以上は使います。 林業も勤め人なら給料は限られて居ますが、何の商売でも自らが経営し単価の高い物等をネットで販売すればサラリーの数倍でも稼ぐ事も可能です。頭と体力は必要ですが。 親の代からの仕事をあてにするようでは発展は有りません。 車と言っても、家も3台はありますが、仕事用や遊び用でも豪華な車でなく、一度買えば10年以上乗れば、車両代は僅かですし、保険や税金さえ払えば保管料も一時預けも、殆んどが無料ですから、タクシーや電車代等も不要で安い所で纏め買いををすれば誰でも田舎では1台くらいは楽に持てます。 人付き合いだ村八分だなんで既に都会も同じです。 テレビで田舎を映す事も多いですが、話を聞こうとしても人は外に出ていません。 昔は農作業や葬式や洗濯や祭り等で集まりましたから自然と噂ばなしもしますが、今は全て自宅内でやりますし、テレビやネットをエアコンの効いた部屋でする方が快適ですから、外にも出ません。隣の人でも会うのは月に数度程度で会釈をする程度で殆んど喋りません。 実際に田舎に住んでない人が何十年も前の話しを聞いて、勝手なイメージを思い込むのは勝手ですが、公の場で回答として誤ったイメージを書くのはいけない事だと思います。

ID非公開

質問者2021/12/6 2:13

詳しくありがとうございます 田舎も都会もあまり変わりは無いんですね…なんかすみません。。。

0

田舎の方がお金かかると思います。近所の人から野菜などをもらえることはありますが、車社会なので車は基本1人一台、それぞれ維持費がかかります。親戚、近所付き合いも大変です。楽しみがないので根掘り葉掘り聞かれます。私の母は未だに苦労しており文句言ってます。私は田舎暮らしが無理で引っ越しました。

ID非公開

質問者2021/11/30 23:39

確かに、車が無いとキツイですよね… 「楽しみが無い」になるほど…っと 思いました、やっぱりご近所付き合いは大変なんですね…ちょっと田舎暮らしに憧れもありましたが、 根掘り葉掘りは結構キツイですよね しかも自分は人見知りなんで無理そうだとわかりました。