翔鶴型空母 3番艦、4番艦の計画はなかったのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

ありませんでした。 ○三計画で翔鶴型2隻、次いで○四計画以降で大鳳、改大鳳型が計画されていました。 しかし対米戦争のため改飛龍型といえる雲龍型の建造に切り替えられ、これも3隻で打ち止めとなっています。

0

昭和9年~昭和10年の計画では20000トン空母を第一期計画(G11)で二隻、後期計画(G12)で三隻建造する計画となっていて、G11は各要望を取り入れたことから大型化して25000トン級の翔鶴型となりました G12が翔鶴型の姉妹艦ではないのは建造時期がずれるため新技術を取り入れて改修を行うためと思われます G12は装甲空母として設計されていたようですが結局建造は行われず、G12をベースとした大鳳(G13)が建造されることになります ミッドウェー海戦後の空母増勢計画では建造できるドックの限られる大型の翔鶴型ではなく、巡洋艦程度が建造できるドックであれば建造可能な中型の改飛龍型が選ばれ、これが雲龍型となります

0

昭和12年からの第三次海軍軍備補充計画で認められた空母は2隻。それが翔鶴・瑞鶴。この計画では大和型戦艦2隻も認められている。 昭和14年からの第四次海軍軍備補充計画で、戦艦については大和型がそのまま2隻認められたが、空母についてはこの2年の間に改良が進み、翔鶴型より大型で甲板に装甲が施された大鳳型1隻が認められた。

1

ありません。 翔鶴型空母はそれまでいろいろな手法を試してきた日本空母の集大成として設計された空母ですが、日本海軍としてはこの「翔鶴型2隻を頂点とした、いろいろ作っては試してみた雑多な空母群」が理想の空母の陣容だとは思っていなかったんですね。翔鶴型までで得られたノウハウを下敷きにしつつ、さらなる新しい時代の空母に必要と思われた要素「飛行甲板の装甲化」を踏まえた空母群で既存の空母をすべて置き換えることが日本海軍の真の夢でした。 すなわち、大鳳型です。大鳳はベース艦として建造され、これを実戦運用して得られたデータを元に改良する「改大鳳型」が日本海軍が欲しがった理想の空母でした。 なお戦艦のほうは同様に「大和型戦艦」をベースとした新世代戦艦群で既存の戦艦をすべて置き換えることが日本海軍の理想であり、これはどっちも結局「長門型ベースの戦艦・巡洋戦艦で全部を置き換える」という「八八艦隊計画」の昭和版焼き直しにすぎないものでした。官僚が官僚らしく仕事をすると必然的にこういう前例踏襲の拡大再生産になる訳です。

1人がナイス!しています