朝鮮出兵についての質問です。 なぜ、秀吉は国力が圧倒的上の明国相手に侵略戦争を仕掛けたのですか? 海を越えて戦うのは無理だという事を、 過去の元寇で学んでいないのですか?

日本史 | 歴史133閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

国力が上でも勝てる勝てないはちがう、、 実際陸戦ではほぼ勝ててます。秀吉が死ななかったら、満洲の代わりに日本が明を支配できたかもしれない。今も昔も、中国の軍は諸外国ではなく、国民に向けられたもののため、軍の多くは外に割けない。大国かつ多民族国家ならではの悩みです。

0

その計画は信長が計画していたものです、イスパニアは自国を平定してその巨大な軍事力を背景に植民地を増やしていると聞き、信長は天下統一の後明侵攻を計画してその援助をお前の所の王に頼んでくれ植民地の配分も交渉したいとイエスズ会に要請しています、明での布教が許可が出ず上手くいっていなかったイエスズ会は快諾します。 秀吉は信長の明侵攻は知っていなく、信長が死んだ後イスパニアによる明侵攻計画を聞きもしも明が植民地となったら属国の朝鮮がそのままスペインの植民地となり軍艦を置かれて次は日本が攻められる番だ、その前に明を征服して緩衝地帯を作らなければ大変な事になるその前に朝鮮と明の一部を支配に置こうと考えます。

明智光秀の謀反は怨恨説が有力ですがそれは秀吉が広めたもので実際は明侵攻を知りそれを止める為の可能性が高いです。 若い時に斉藤道三から逃れ落ち延びて苦しい生活をした光秀は泰平の世を作り笑いながら生活する子孫を思い描いていたのに明侵攻となれば家臣や子供達は長い戦いに明け暮れ知らない土地で捨て駒となり死んでいく、それはどうしても阻止したいと言う事です。

0

いえ、明はこの時点ですでに滅びかかっています。当時の帝が政治を放棄し、度重なる内乱でボロボロでした。 秀吉が派兵したのもそれが理由です。 国力は対して変わりません。 ただ歴史だけは長く属国も大変多いので古い権力と名前だけで周辺諸国が従っていました。 朝鮮出兵に失敗したのもその古い権力、いわゆる過去の栄光の力が朝鮮にも及んでいたからです。 日本国内では秀吉はその古い権力者たちを打ち負かし天下を統一性しましたが、国外までは動かせなかったということですね。 ただし、秀吉が行った朝鮮出兵は明に資金的な意味で大打撃を与えており程なく明は滅びました。 明は終盤には徳川幕府に助けを求めたとも言われてますが、二代将軍秀忠は無視したため明は消滅したそうです。