憲法訴訟の泉佐野市民会館事件って憲法に違反しないっていう結論だと思うのですが、某団体に会館の貸し出すことが、明らかに差し迫った危険の発生が具体的に予見される、と判断したのですか?

法律相談 | 企業法務、知的財産64閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

そういうことを知りたかったら、先ず、ご自分で憲法訴訟に関する書籍を調べたらどうですか・・・ 例えば、初心者向けの「憲法を読み解く/渋谷秀樹・著(有斐閣)」のP63以下でも解説されているし・・・ それに、>このような判断が可能ならば、過激派系団体や共産党系団体への公共施設への貸し出しは、この理由を根拠として、一切認めないことも実質的に可能ということですか? これって話が飛躍しすぎていて、滅茶苦茶と同判例の判旨を誤解していると思われますが・・・ それに、初心者向けに解り易い解説を求める前に、初心者なりの基本的勉強をすべきだし、初心者だから解り易く優しい解説をって、質問自体が、少し考えが甘いと思いますが・・・ まあ、厳しい言及のようだけれども、法律を学ぶってことは初心者だから云々ではなく、要は向学心を身に付けて奮闘努力するってことです・・・ そして、憲法訴訟の問題なら「体系・憲法訴訟/高橋和之・著(岩波書店)」や「憲法判例(8版)/戸松・初宿・編著(有斐閣)」など、学ぶ参考書籍は多々と存在してます・・・